おすすめ鑑定師

2018ハロウィン特別コラム:あいか先生

鑑定師 メッセージ

あいか先生

あいか先生

時間外
今年もハロウィンの季節が訪れました。
ハロウィンの起源は紀元前のケルト民族が発祥と言われています。
古代ケルトでの一年の終わり日本でいう大晦日は10月31日で御座います
この日は一年の収穫祭でもありましたが、夜になると死者の霊が家族を訪ねてくる日でもありました。
日本でいうお盆のようなものですね。
死後の世界の扉が開くと信じられていて、そのため、懐かしい祖先の霊と一緒に悪しきもの、物の怪等もやってきます。悪しき物から身を守るために仮面をつけたり、魔除けの火としてハロウィンの特別なキャンドルを灯しました。
又ハロウィンの夜は妖魔が最大限に力を発揮できる夜とされていて魔力が最も高まる日で御座います。
もちろん一年の中で一番おまじないに最適の夜で御座います。

ハロウィンの願いが叶う恋愛成就や復縁のおまじない 霊力の高まるこの日に 宜しかったらいかがでしょうか?

おまじないに使用するもの
@ ろうそく
A 赤いリンゴ
B ろうそくやリンゴに彫り物をする先のとがったもの(きりや針、アイスピック、ボールペン等)

ろうそくは白でもいいですが
おまじないが強力になるように チャクラカラーを使うのもいいですね

第一チャクラ 赤 結婚
第二チャクラ オレンジ セックス
第三チャクラ 黄色 デート
第四チャクラ 緑 両想い
第五チャクラ 青 連絡が取れる
第六チャクラ 藍(紺) 恋人に出会う
第七チャクラ 金銀 ソールメイト(ツインソール)に出会う

その色のろうそくがあればいいのですが 中々手に入らない時は色折り紙でろうそくを巻いても大丈夫です。マーカーで色を塗っても大丈夫ですね。
ろうそくにはお相手様のしっている事を先のとがったもので 全部ほりましょう。(名前、生年月日、住所、会社、電話番号)
知らなかったら名前だけでも大丈夫ですが より鮮明な方が叶いやすくなります。

リンゴは出来るだけ赤い色がいいでしょう。
リンゴは御自分の名前と お相手様のお名前をお書きくださいね。

ハロウィンの夜 ろうそくに火を灯し 願いを込めて リンゴを頂きます。
皮つきで丸ごといただきましょう。

ろうそくは叶えたい数だけ灯しましょう。
全カラーの7色のろうそくに明かりをともしても大丈夫です。

ハロウィンの日がご無理でしたらハロウィンイブでも大丈夫です。

ワクワクしながら お相手様と「そうなればいいな」というお気持ちで行いましょう。
お休みになる時もそのままアファメーションしながら休みましょうね。


おまじないは換気を良くしながら行いましょう。
火のお取り扱いには気を付け 終わったら 火が消えたのを必ず 確認しましょうね。

大切な貴方様の 恋愛成就をお祈りいたしております。

   ウラナ あいか