おすすめ鑑定師

運命を変える七夕:聖 和恋先生

鑑定師 メッセージ
時間外
こんにちは! 鑑定師の聖 和恋です。
7月7日は、七夕(たなばた)ですね。
天の川を渡って織姫と彦星が一年に一度会える日。
ロマンチックで切ないですが、本人達は限られた時間の中で必死ですよね(^_-)-☆

妄想ですが、会いたいのに制約だらけで会えないから、ダラダラ過ごすとは考えにくいですし、
凄く密度のある過ごし方をしている事は、想像出来ます。
「会えない間何してたの!?」(>_<)
「別の女と会ってたんじゃないでしょうね」(怒)
なんて疑っている時間はなく、聞きたい事は、何でも聞いて言いたい言葉も
全部その時に言うしかないですよね。
【会ってくれた事に感謝して、自分の気持ちを素直に伝える】
そんな二人なのでしょう。

七夕がくると考える事があります。
「また同じ感じの明日がやって来る」と、日常を疎かに過ごしていないかな。
「また明日、彼と会える、彼女と会える」と、一時一時の出会いを、疎かにしていないかな。
同じ時、同じ空間は2度とやってきません。
今できる事、今言える事を感謝の気持ちを持ちながら大切な人にちゃんと
伝えているかなと考えさせてくれます。

皆さんは、どうですか?

私の占いの要でもあるマヤ歴占星術でもどんなにいい運気がきていても感謝の気持ちがないと
その運気をいかせないのです。
マヤ歴では日々エネルギーが流れていますが、ちょうど七夕のある6月30日から7月12日の期間は、260日続く運気のサイクルの総仕上げの時期で
「今までの努力が実を結ぶ」期間になります。
何かやり残している事があったら、可能な限り片づけたり、夢や目標に向けて実践してきたことを整理整頓して出発からどれくらい自分が成長できているか振り返ってみる時期です。
がんばってきた人は、それなりの成果が出ているはずですよ。

そしてその後にやってくる7月13日から7月25日までの期間は新しい宇宙エネルギーの運気の始まりです。
新たに目標を設定し、勢いをつけてアクションを起こしていくとあなたの夢を後押ししてくれる新しい運気のエネルギーの波に乗っていけます。
また、この期間は愛について学ぶ時でもあるので愛する人達との関わりにおいて、何か試される
ような出来事を体験する方もいるでしょう。
マヤ歴占星術が教えてくれる日々のエネルギーに乗って生活していくと幸運の引き寄せを加速させてシンクロニシティ(偶然の一致)が起きやすくなり人生を導いてhappyな出来事が増えていきます。

でも、運気の波に乗り切れず、どうしてもうまくいかない時や心がポッキリ折れてしまっている時が
ありますよね。
そんな時、どう過ごしたらいいのか。
心に元気を取り戻すまでにやってもらいたい事をお伝えしますね。
毎日、粗塩で帰って来たときに手を洗いうがいをします。
邪気を持ち込まないようにするためです。
後は植物から気のパワーをもらいます。
特に興味がなくても、生きているものに触るのは、その気に触れて元気をもらえます。

お花屋さんで花を買ってきて花瓶に刺したり、道端の雑草でもいいので触ってみたりして、
植物の気のパワーに毎日触れてみてください。
徐々に心に気が満ち始めて、元気をもらえます。毎日触れる事が大切です。
触れれば触れるほど、元気になるし、ありがとうと植物に言ってみたり、話かけてみるのもいいですね。

そしてその後、自分の手と手をこすり合わせて気のボールを作ってください。
それをつぶさないように広げて作ったら、心臓(ハート)にギュッと押し込むように入れてください。
これで完了です。

心が元気になったら目標を決めてアクションを起こしてみましょう!
こだわりを捨て、夢を叶えるために行動する事が大切です。

あなたは七夕の短冊にどんな願いを書きますか?
素敵な夜をお過ごしください。

聖 和恋