会員登録
おすすめ鑑定師

【恋愛・結婚】彼が私の事を大切にしてくれているのは分かるのですが、人を信じる事が難しくこんな私が彼の側にいていいのかと不安です。

奏先生

女性

私と彼は2019年に役者として舞台の現場で出会いました。

その後、私の事情もあり2020年3月から彼の家に住まわせて頂いてます。

その中で体の関係もあり、今年の3月に彼の方から付き合うかと言われ、晴れて正式に付き合える事になりました。

4月からは昔働いていたボーイズバーに復帰し仕事の忙しさと、女の子にモテるという自覚から気持ちが離れ気味になってしまいました。

今でも変わらず一緒に住み、同じ布団に寝て、会話もあるのですが、恋人関係の様な事がなかなか無いです。

昨日も冗談半分とはいえ、お客さんの一人に乗り換えようかなと言われ、思わず泣いてしまいました。(この様な冗談は付き合ってる、所謂ラブラブな時期にも言ってました)

ただ朝帰りが遅くなった際に、LINEは来たりするので、私に対して関心が無い訳ではないと思います。

一緒に住んでいた間出来た彼女よりも私の居場所を守ってくれたり、彼の言う通り愛はあると思うのですが、やはり家族愛に近く感じます。

私は過去に色々あり、親とも絶縁状態で、人を信じられない中彼だけは不思議と出会った当初から信じられます。

なので彼が居なくなったら本当に独りになってしまうので、なんとか今後も一緒に居たいのですが、それが彼にとってよくないのならとも思っています。

彼と私、今後も一緒に居られるか、居てもいいのか鑑定して頂きたいです。

よろしくお願い致します。

frame
frame

奏先生の鑑定結果

みかさん初めまして、奏と申します。

この度はウラナ公開メール鑑定へのご依頼を頂戴し、誠にありがとうございます。

今回は奏がご縁を頂き、担当させて頂くことになりました。

霊的な色相の観察・霊聴・西洋星術・タロットを用いて、占って行きます。

どうぞよろしくお願い致します。

あなたの資質〜才覚を色相観察し、要所で拝聴して参ります。

みかさんは、外側には赤(熟す手前のトマトのような色)を発し、内側に明るい青をお持ちです。

あなたの体全体が‘ゆで卵のような形状で二層の色の保護膜層に体が包まれている’とイメージされると判りやすいでしょう。

※外側の色はご自身VS他へ「私はこう在りたい〜人としてこう在るべきだ」と意識して発している外部要因への力や印象を体現します。

内側は本質軸であり、眠らせた才や可能性も体現します。

但し、全ての色には才と弱点が常に共存し表裏一体で有ります。

クリア発色であれば才覚として発揮され、発色が濁る・薄くなる・白っぽく曇る・波動膜に穴が開く等すると、その色の持つ弱点が強調されて体現されます。

何色が濁るのかで意味が全て違うこと、生まれ持った色は基本的に死ぬまで変わりません。

例=内外の紫と緑が、ある朝起きたらピンクと青に変わっているというのは起こり得ないのです。

弱点症状はお肌のターンオーバーと同じで、もちろん快復もします。

また、色の濃さ等までを申し上げると、完全に同じ人というのも存在せず、人の数だけ発色は異なりますので色のカテゴリーとして解釈して下さいませ。

みかさんの赤色は、あなたの素直さと危機管理能力そして生命力に優れておられることを意味します。

隠しているつもりでも、その日その時の感情が表情や仕草に現れ易く、多くの意味で素直に伝えられること。

また、ご自身から見た他者や場所に対して「何か嫌な感じがする〜危ない場所(人)のような気がする」と

本能的に感じ回避できるのですね。

そして、そうした危機管理を本能的に遂行しながら活力を持って、関わる方々をリードして行ける才覚があります。

また、生命力も負けん気も強いので、逆境に置かれるほどに人一倍「まだやれる!諦めない!」と勢いで押せてしまいます。

ゆえに、生涯を通じ、気力体力の過信をなさらないようにご提案申し上げます。

内側の青色は精神力の強さ(器の大きさ)、五感の鋭さ、真摯さという、本質を体現しています。

苦難を体験している最中でも真摯に受け止めてこらえる器が備わっており、あなた自身のことを度々後回しにしても「やるべきことだ」「私が請け負って丸く収まるなら」と解釈して、目の前の事柄を誠実にこなす能力に長けておられるのです。

つまり、重要な事柄ほど、あなたの感情でなく‘正誤や美醜で’誠実に決断して行けるのですね。

但し、受け止めなくて良いことや許す必要の無いことまで許してしまい、結果的に他者を甘やかし付け上がらせることにも通じますので、請け負う段階での適切な線引きを意識されると良いでしょう。

生命力の赤、精神力の青というバランスは両極な為、自己葛藤や色情因縁がやや強めに出ますので恋愛トラブルを経験しやすいかもしれません。

が、それを心身ともに回避できる能力をキチンと確立されて生まれ持っておられるのです。

また、ご親族との不和と苦難を小さい頃から体感しながらも、ぎりぎりのところで回避し今そこに在るのは、こうした霊的な資質〜才覚の賜物です。

ここで少しお聴き取りを挟ませて頂きますと、ご親族との絶縁について葛藤をやや残しておられるようですが、以下のような解釈に変えてみるのも1つの選択肢にございます。

【絶縁=正しく避難したことであり、何も間違っておらず、あなたは必要なことを必然的に遂行し、成功したのです。】

成功者であるみかさんご自身を信頼し、受け入れて差し上げて下さいませ!

では、彼の資質〜才覚とお2人のご縁の形を色相観察し、要所で拝聴して行きます。

彼は、外側に藍色に近い青/内側は水色を発しておられます。

ここでお気付きになるかと思いますが、彼はあなたが本質に持つ青を、外側つまり彼が対峙する他者へと発揮なさる方です。

「自分のことはさておいて」という面がややあるものの、目にする現実〜人への察しが的確且つ迅速で、その瞬間ごとに何を優先して請け負うべきかを責任を持って正確に判断し、見極めるのという才覚を発揮なさるのです。

そうした【彼の才覚があなたの本質的な能力やお人柄を引き上げては感化するという、上下の力関係】になっています。

(多くの意味で、彼がスイッチを入れ、あなたがオンになる・・・つばめのお母さんと雛のような・・・というイメージをされてみて下さいね。)

理屈でなく【あなたが引き上げられたり悪くすると引き摺られたり】すること。

また、【一旦離れても思いがけなく再会したり再開したりを繰り返しやすい基盤】が成立している為、大吉か大凶どちらかにハッキリ分けられるご縁の形です。

そして彼の本質には水色があり、大変に独創的と言いますか個性の強い方で、視野が広く柔軟で、表現力豊かな方でもあります。

が、その独創性ゆえ、彼自身が岐路な状況に置かれるほどに物事の解釈や物言いがふわふわと地に足がつかない非現実的な思想に偏ったり、トンチンカンに陥ることも多くなります。

コミュニケーション能力も優れていることや、外側も内側も女性性が強く現れる色なので、公私共に女性が彼の周りに多く居たりモテるのも、接客業で評価を得るのも必然的ではあります。

が、トンチンカン状態の彼と関わると「何を考えているのか解らない」「この人って何様?」と言うような困惑も与えてしまうのですよね。

彼には彼の言い分やポリシーがあるのですが、常人には理解しにくい要素も多く含んでいます。

ですから、それを企画や創造に活かす意味で、正に就かれている舞台(芸術表現)や小説などの文筆業にも能力を発揮されたりもなさるでしょう。

お2人のお気持ちについて拝聴しながら、これまでのテーマを西洋占星術で計測して行きます。

2020年3月から同居されていることについて、彼はあなたの人となりやご事情を汲んで「自分なりにあなたを守れたら」という善意が強く湧いていた様子です。

彼自身の善意に添って行動した結果が、同居であり、即時で「手を出すような真似はしない(肉体関係は持たない)」に至っていたようです。

あなたの思いを実感する場面を重ね、彼もあなたへの愛情が深まり交際打診の為にあなたの気持ちを確認されたのです。

が、先にお伝えしたような彼の霊的な資質と環境変化(バーでのお仕事開始)に加え、当時の水星と金星は、彼の金星にも火星にも追い風の影響を与えていたタイミングでした。

それゆえ、ご依頼文に書いて下さった「モテる自覚から気持ちが離れ気味に」陥ったのは、星の影響を受けて彼の弱点がいっそう強化され、ふわふわと地に足がつかない悪い癖が出たという必然なのですね。

「家族愛に近い」「彼だけは出会った当初から信じられる」と感じておられるのは、現状の彼との過ごし方

(同じ布団で寝て〜のくだり)もあるのですが、先にお伝えをさせて頂きました、霊的に【つばめのお母さんと雛のような上下の力関係】の要素が前提なご縁であることが多分に影響していると感じます。

時に恋人・時にライバル・時に親友・そしてまた時に恋人・・・という巡りがお2人の間には幾度となく生じる印象です。

彼を拝聴致しますと「みかさんを放っておくのは、人として間違っている」「他の女の子達とは違う感覚」

が明確にお聴き取りできます。

あなたと彼がこれからのテーマと共に居るかを、タロット展開+要所で拝聴して行きます。

みかさん・・・水7(逆)→風クイーン→風7

彼・・・火スピリット→火4(逆)→土5

鍵となるもの・・・水スピリット

本件の源という意味での過去・現在の姿・近い未来の可能性として、お2人それぞれ3枚ずつの展開をしてみました。

みかさんにとって、心の奥底に残る敗北感や失望感から脱却し勝利する為の出会い。

その過去テーマを経て、お2人の関係性のみでなく、あなた自身の未来や在り方を見据えて判断して行こうとされているあなたの姿。

未来においては、彼のふわふわした側面に直面するのはゼロにならないと実感されつつ、それをご自身の将来の為にどう決断すれば良いか作戦を練る日々と成るかもしれません。

正に拝聴したままが暗示展開されました。

彼にとって、あなたの深部に隠された才能や人柄を知り、このままで居させてはいけない女性だと直感的に判断した過去。

現在は彼自身の判断は大切に残しつつも、自分の悪い癖や身勝手さを制御しきれず自爆行為ぎみな姿。

但し今後は彼の責任や、あなたの立場を改めて再考し、前向きな覚醒をして行くという暗示。

ポイントは、みかさんがあなた自身にもちゃんと真心を込めて向き合うこと。

「今後も共に居たい、でも彼にとって良くないなら・・・」と彼の立場にのみに偏らず、あなた自身の素直な気持ちも両方大切にして行くこと。

つまり、彼の悪い癖が出る時には、日々の感謝も伝えつつ振るうべき鞭は振るうことです。

先にお伝えさせて頂きましたように、【一旦離れても思いがけなく再会したり再開したりを繰り返しやすい基盤】が成立している為、大吉か大凶どちらかにハッキリ分けられるご縁の形ではあるものの、まだまだ続くご縁ではあるだろうと感じます。

が、その分どうしても悩まれる時間も長くなること。

決定権はあなたにあるので、彼の気持ちがどうか?をご心配なさる以上に、【みかさんご自身が「どうして行きたいか」】に重きを置いて道を決められることが大切です。

注意点+対応策を拝聴し、ターニングポイントとなる時期を西洋占星術で計測します。

振るうべき鞭とは何かをお伝えします。

「お客さんの1人に乗り換える」のような失言やトンチンカンな思想は、彼の霊性から出てしまうもので、和らぐ時期はあっても、ゼロには成りません。

星も巡っていますので、ずっと良いサイクルもなければ悪いサイクルもなく、いずれにしろ誰もが影響を受けています。

その為、彼が有頂天状態に陥るサイクルに起きる弊害発言〜行動については、毅然とし、甘やかさないよう愛の鞭を奮うことも必要です。

例えば、失言に対し泣いてしまわれるのは、あなたの真っ直ぐさゆえですが、ここで感情を訴えるアレンジとして「女は乗り物じゃない」「私もあなたのお客も電車じゃないんだから、乗り換える発言は女性に対して無礼だ」と等というように、【現実を知らしめる】のも有効打になります。

訴える際のコツは、感情任せにならないよう配慮することです。

霊的な力関係としては、みかさんがつばめの雛なので、勢いづけて伝えてしまうと、つばめのお母さん的な彼には「あら?反抗期?」のようなトンチンカンな要素を含んだ解釈となり効果半減になります。

ですので、サラリと冷静な表現にして頂きながらも、自然な笑顔を添えるように意識してみられるようにすると◎です。

その上で愛情や感謝も畳み掛けて差し上げてみられるようにご提案致します。

彼の視野の広さは好奇心にも直結していますので、泣いてしまう日もあれば愛を持って叱咤する日もある等々と様々なパターンを見せておくと、「みかさんのような女性は他に居ないな」と好奇心も刺激し、気付かせることにも通じるでしょう。

みかさんは元来、大器晩成型の典型例のような生涯サイクルをお持ちです。

人生を前後半に分けますと、前半は本当に苦難を体験なさるのは必然で、後半に向かい目上の方や有力者のお引き立てもきっかけに成功者と成って行く方なのですね。

そして、どこかのチームの一員に成るよりも、チームを先導することで、眠らせた才覚をフルに開花させることが叶います。

彼の水星には吉の角度で、金星には凶の角度で、魚座の木星が4度で重なる2022年1月20日以降、やはりみかさんを主体に今後の方向性を決断される可能性が高まります。

彼の悪い癖が増長するタイミングでもありますので、それをきっかけにして【みかさんご自身をないがしろにせず、あなたの為にあなたが安堵できる方向を、あなたを中心に】して、デザインしましょう!

最後にご挨拶

世界中で大変な疫病が蔓延し、まだしばらくは乱気流を感じさせる流れではあります。

できることを1つずつ積み重ねて保全を続けたいですね。

くれぐれも無理をなさらずご自愛の上、穏やかな日々と成りますように!

この度はご縁をありがとうございました。

frame
frame
時間外
この先生に相談を依頼する
時間外
電話占いの【ウラナ】個人情報の取扱を徹底します。 電話とメール鑑定のウラナ鑑定師募集受付中! 日本占いコンテンツ協会