おすすめ鑑定師

あいか(アイカ)先生プロフィール

本日の鑑定スケジュール

9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
0
1
2
3
4
06月17日(月) 待機中
待機予定 予約可 予約済
270
pt/分
--
pt/通
 - 
pt/文字
時間外
占い歴 10年以上
占術 霊感・霊視 チャネリング 水晶 心理カウンセリング
得意相談 不倫 同性愛 対人関係 復縁 略奪愛 遠距離 家庭問題 就職 仕事 開運方法 金運 運勢 前世 除霊 パワーストーン

鑑定師のつぶやき

あいか先生のつぶやきをもっと見る

いつも大切な貴方様の貴重なお時間を鑑定させて頂きまして心より感謝いたします。 お電話の調子が悪く? システム障害? 直り次第又待機いたしますので わたくしで宜しかったらお待ちいたしております。   あいか

あいか先生からのメッセージ

-霊能者と巫女という血筋!!前世は陰陽師-

−−−−−−−−−−−−−−
<< 殿堂入りとは?>>
−−−−−−−−−−−−−−

「人気鑑定師ランキング第1位」を12回連続、または計14回保持した鑑定師にだけ与えられる大変名誉ある賞となります。
<< あいか先生の紹介文>>
「父方の家系が霊能者 母方の家系は巫女,と云うスピリチュアルな異次元空間で育って来ました。
血筋から来る高い霊能力と生まれ持った特別な体質を使い強い霊視で感じた波動や 霊聴で伝わってきたお相手様の気持ちや貴方様への思いを言霊にしてお伝えいたします。
又ハイヤーセルフや高次元の存在からのメッセージやギフトをチャネリングして言霊としてお伝えします。

心が迷いの森から抜け出せず 堂々巡りの迷子のままでいる  貴方様には お話しながらチャクラを整え オーラを輝かせる遠ヒーリングを行います。
お電話をお切りになったその日の夜中 お相手様の魂が安らぎの眠りにいる頃に強力なご縁結びのご祈祷 思念伝達をし貴方様の幸せのお手伝いをいたします。
どんな御相談内容でも 貴方様が幸せをつかむために温かく包み込むオーラで遠隔ヒーリングを贈りながら最善の方法へとお導きさせていただきます。
わたくしで宜しければ 貴方様のお役に立てることが出来たら光栄です。
ウラナ  愛の伝道師 あいか

電話占いウラナからのメッセージ

-声の波動をとらえ、霊感・霊視と水晶で鑑定-

先生自身の波動を高め、お客様の声の波動をとらえ、霊感・霊視と水晶で鑑定される先生

お客様の波動を捉えた後は、心の中を読み取ることが出来、先生の頭の中に映像として見えてきます。

画像などあれば、よりオーラを読み解けるそうです。
恋愛関係でしたら、彼の心をこじ開けてのぞいてみて下さいます♪♪

又、対人関係や、ご自身の抱えているトラウマ・親との付き合い方などは
幼少期の封印されてしまった記憶が原因の場合もあります。
先生のお得意な占術『インナーチャイルド』をお試しになられる事をオススメ致します!!!

お客様を退行睡眠状態へいざない、
過去の封印された記憶や自身で気づいていなかったトラウマ等を解明し、
今後の対応策や対人関係でのゴタゴタの解消・根本からの原因解明が出来るでしょう。
恋愛問題が対人関係、親との関係まで
幅広いお悩み事に対応できる頼りになる先生です!!!


過去の辛かった空間に目を向けるよりも
光ある未来へと焦点をシンクロし諦めていた現実を解決へと導いていくメッセージをお伝え頂けます。

遠隔ヒーリングしながらの鑑定では愛のあるオーラの泉が浸透していき願望成就へといざないます。

幸せで満たされた人生の道標として貴方に欠かせない先生となるでしょう。

※インナーチャイルドやアダルトチルドレンは本質を見つめ根低から治していくという方法になりますので、
すこしお時間を頂くそうなので、少しお時間が必要になります。

お客さまからの声(口コミ)

  • 2019/06/17 (月)

    満足度: 5点

    スピリチュアル度: 5点

    癒され度: 5点

    心のこもったメッセージ有り難うございました。しばらく様子を見て楽しい時間を過ごしたいです。またよろしくお願い致します。
  • 2019/06/17 (月)

    満足度: 5点

    スピリチュアル度: 5点

    癒され度: 5点

    先生いつもありがとうございます。彼とは、仲良くして、ご飯にも行っていて、それなりに楽しく過ごしているのですが、このまま居心地が良く男女関係にまで戻れないのでは?と思い先生に彼の気持ちを見て頂きました。ブレーキをかけてたんですね。気持ちを持ってくれてたのなら、嬉しいです。このまま待ちたいです。

    口コミをみる

あいか先生の鑑定スケジュール

9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
0
1
2
3
4
6月17日(月) 待機中
6月18日(火) 待機中
6月19日(水) 待機中
6月20日(木) 待機中
6月21日(金) 待機中
6月22日(土) 待機中
6月23日(日) 待機中
6月24日(月) 待機中
6月25日(火) 待機中
6月26日(水)
待機予定 予約可 予約済

あいか先生の活動実績

2019年1月 開運特集コラム

あけましておめでとうございます
昨年は沢山の方とのご縁を頂き心より感謝申し上げます。
2019年もどうぞよろしくお願いいたします。
電話鑑定では いつもスピリチュアル的な側面から大切な貴方様の貴重なお時間を鑑定させて頂きまして心より感謝申しあげます。
昨年は九星気学の流れでしたが今年はそれに付け加えた陰陽五行で幸せな方向性をお伝えできればと思います。
2019年は、中宮(真ん中)に八白土星が回座する年です。9年に1度規則正しく現れます。
毎年中宮に入る星により常にその年1年間の吉凶の流れが現れます。
八白土星「変化」と「停滞」の星が真ん中に入りますので2019年は万事において変化の避けられない方には大きく変化又反対に「動かざる事山の如し」と停滞の作用が大きく出る方と両極端な一年となるでしょう。
地面や空間、大気の変化、又世界的な外交問題から社会的な物流や財政の流れ、情報の変化、個人に至っては人間関係の変化が大きく現れる年となる事でしょう。
木星が「太歳神(たいさいしん)全てを育成する。円満、健全、さらに拡大」乾宮に君臨しています。その乾宮には「名誉、明智」を担う九紫火星が入ります。学びの年として意識を高く向上させることにより、変化を伴い、とても良い開運行動に繋がり更に良い一年となっていく事でしょう。
自分自身が信じる大きな高次の(魂のおおもと)とも繋がりやすい年と出ています。
巽宮は風(情報)の場所で「歳破」が君臨します。その巽宮には「悦び口」を担う七赤金星が入ります。
情報詐欺には注意が必要になって来る年で、情報弱者は「学び」を深めていきましょう。
又立ち止まり、停滞期間を作り考え見直すことにより、凶を吉に変えていく事に意識を集中していきましょう。それにより滞っていた凶事が吉に転じ副年に変わり良い一年となっていく事でしょう。

九星気学の早見表

一白水星 二黒土星 三碧木星 四緑木星 五黄土星 六白金星 七赤金星 八白土星 九紫火星
1927年 1926年 1925年 1924年 1923年 1922年 1921年 1920年 1919年
1936年 1935年 1934年 1933年 1932年 1931年 1930年 1929年 1928年
1945年 1944年 1943年 1942年 1941年 1940年 1939年 1938年 1937年
1954年 1953年 1952年 1951年 1950年 1949年 1948年 1947年 1946年
1963年 1962年 1961年 1960年 1959年 1958年 1957年 1956年 1955年
1972年 1971年 1970年 1969年 1968年 1967年 1966年 1965年 1964年
1981年 1980年 1979年 1978年 1977年 1976年 1975年 1974年 1973年
1990年 1989年 1988年 1987年 1986年 1985年 1984年 1983年 1982年
1999年 1998年 1997年 1996年 1995年 1994年 1993年 1992年 1991年
2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年 2000年
2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年
2026年 2025年 2024年 2023年 2022年 2021年 2020年 2019年 2018年
一白水星 二黒土星 三碧木星 四緑木星 五黄土星 六白金星 七赤金星 八白土星 九紫火星



今年の凶方位は南西の(坤宮)未、申に五黄殺、北東(艮宮)丑、寅に暗剣殺、南東の(巽宮)辰、巳に歳破が入ります。2月立春から来年の2月立春までの1年間は、この方位についての新築移転や新しい試み等は注意が必要となります。
又個人においては、御自分の本命星が滞在している所を本命殺で、その反対側が的殺と称して凶方位ですのでその方位も冒してはいけない方位となります。
それでは新しく通う学校や会社はどうでしょうか。それについては、入学式や入社式の日に方替えをお勧めいたします。
八白土星には「停滞」が含まれていますから、一旦立ち止まり良い方向を見極めたら、停滞を打ち破り、亥の猪突猛進の力を借りて凶を吉へと変化させる、発展向上へ向かわせるチャンスを頂きに、前もっての吉神様を受け入れるための恵方参りにいかれる事、そして恵方巻を頂くことをお勧めいたします。貴方様の家の中心から見て東北東に吉神様はいらっしゃいます。その神社仏閣へのお参りする方がよいとされています。神社仏閣に大きい小さいはあまり関係ございません。
恵方参りに行かれた時はお参りする神社仏閣の作法に合わせてお参りしましょう。
その時大切な事はお願い事で御座います。
「世の為、人の為にお役に立てるよう、わたくしにチャンスと力を御恵み下さい」とお願いいたしましょう。
又大切な方がいらっしゃる場合は「彼(彼女、家族、友達、仲間)のお役に立てるよう、わたくしにチャンスと力を御恵み下さい」とお願いいたしましょう。
神様とのお約束を取り交わすことになります。神様との誓いを守れるように日々努力をしていきましょう。
今年の吉神方位は寅と卯の間の(甲)東北東が歳徳神で(あきのかた)恵方巻を頂き、いらっしゃる神様のご加護を頂きましょう。
毎年現れる歳徳神とはどのような神様でしょう。
南海の娑謁羅竜王の御姫様に生まれ、絶世の美女に育ち牛頭天王の御后様になられ8人の王子をうんで国が栄え(あきの方よろず大吉)と言い伝えられてきました。歳徳神の方位は特に女性に御利益をもたらせる方位でもあり、神秘的で幸運をもたらし諸事繁栄の大吉方位で御座います。

陰陽五行とは「陰陽」と「五行」の二つを組み合わせたもので御座います。
「陰陽」は古代中国神話に出てくる皇帝「伏羲(ふくぎ)紀元前1000年頃」が作ったものと言われ、全ての事象は、「陰」と「陽」という相反する形で成り立ち、それぞれが影響しあっているという考え方で御座います。
陰陽は片方だけでは存在しません。

【陰】 【陽】
太陽
暗い 明るい
停止 動き
冷たい 暖かい
湿気 乾燥
垂直 水平
柔らかい 硬い
下降 上昇
物質的 非物質的


「五行」は夏朝の創始者「禹(う)文命紀元前400年頃」が発案したものであり、万物は「木火土金水」という五つの要素により成り立つとするもので御座います。

【陰陽から五行の育成順序】
@ 丸い縁だけだった太極が二つの陰陽に別れ、陰の1部の冷たい部分が北に移動して水気(一白水星)が生まれました。
A 陽の1部の熱い部分が南へ移動して火気(九紫火星)が生まれました。
B 残った陽は東の方に移動し風になり木気(三碧木星)(四緑木星)に生まれました。
C 残った陰は西の方に移動して金気(六白金星)(七赤金星)に生まれました。
D 四方の水、火、木、金から余った気が真ん中に集まり土(五黄土星)が生まれました。
E 更に土は北東と南西にも移動し、(二黒土星)と(八白土星)が生まれました。
後に斉の陰陽師「鄒衍(すうえん)」により5つの惑星と、人間の五臓五腑、五色、五味、等、森羅万象のあらゆるものを取り入れ、陰陽と五行が統合されて現在の陰陽五行が完成されたと言われています。
中国から日本に伝わったのは飛鳥時代で御座います。
当時の聖徳太子の政策にも取り入れられ、さらには天文学、易学、暦学、時間学の軸になったと言われております。
「陰陽道」は陰陽五行説を元に太陽や月、星の運行を見て占術が生み出され吉凶の判断に用いる元となったようで御座います。

今年は特に5つの星(五行)に少しだけ焦点を合わせていきたいと思います。
木 火 土 金 水
木→モッ  火→カ 土→ド 金→ゴン 水→スイ
読み方 モッカドゴンスイ
一白水星→ 水
二黒土星→ 土
三碧木星→ 木
四緑木星→ 木
五黄土星→ 土
六白金星→ 金
七赤金星→ 金
八白土星→ 土
九紫火星→ 火
となっています。
陰陽五行では、五行のお互いの関係性に
相生(そうじょう)相性がよく生かしていきます。助けてあげ、力になり、エネルギーを与えます。
相剋(そうこく)相性が悪く奪っていき。力やエネルギーを奪います。
比和(ひわ)木は木を、火は火を、土は土をとお互い同じ星が重なると、ますます盛んになります。その結果が良い場合にはますます良くなりますが、その反対に悪い場合にはますます悪くなります。
これは生まれてから生きている間変わらないもので御座います。
五行の理論は、恋愛において説明するのにとても都合がいいもので御座います。
相生だと「この人と一緒にいると安心できて癒される」
と感覚が生まれてくることでしょう。
相克だと「こと有る事にいつも喧嘩になってしまう」
「あの人とはなかなかしっくりいかない」
という感情をもったことがあるのではないでしょうか。
もちろん、ビジネスや友人関係でも御役に立つのではと思います。
これからの人間関係にご利用いただけるといい方向性が見えてくるのではないでしょうか。


下の図は相生と相克、の関係を表しています。



御自分では知らない間に支配やコントロールされている関係
(木火土金水の相克)
木は土を支配しもしくはコントロールします。
火は金を支配もしくはコントロールします。
土は水を支配もしくはコントロールします。
金は木を支配もしくはコントロールします。
水は火を支配もしくはコントロールします。

常にエネルギーやパワーを与えている関係
(木火土金水の相生)
木は火に常にエネルギーやパワーを与えます。
火は土に常にエネルギーやパワーを与えます。
土は金に常にエネルギーやパワーを与えます。
金は水に常にエネルギーやパワーを与えます。
水は木に常にエネルギーやパワーを与えます。

陰陽五行の入り口ではございますが どなたにもお分かりいただけるようにまとめてみました。

思考(思う事、考える事)はとても大切です。
思考は貴方様の未来になっていきます。
思考は現実になっていきます。
いつも考えている事(思考)は言葉や文字になっていきます。
言葉や文字は行動となっていきます。
その行動は習慣化していきます。
そして現象となって現実になっていきます。
同じ考える(思考)でしたら素敵な事ばかりを考える癖をつけていくことを試みられてはいかがでしょう。
そうすることによって、豊かな人生を創り上げていきます。
大切な貴方様の2019年も豊かで幸多き良い年になりますように心からお祈りしています。
最後までお読み頂けてありがとうございました。

ウラナ あいか

2018年10月 ハロウィンコラム

今年もハロウィンの季節が訪れました。
ハロウィンの起源は紀元前のケルト民族が発祥と言われています。
古代ケルトでの一年の終わり日本でいう大晦日は10月31日で御座います
この日は一年の収穫祭でもありましたが、夜になると死者の霊が家族を訪ねてくる日でもありました。
日本でいうお盆のようなものですね。
死後の世界の扉が開くと信じられていて、そのため、懐かしい祖先の霊と一緒に悪しきもの、物の怪等もやってきます。悪しき物から身を守るために仮面をつけたり、魔除けの火としてハロウィンの特別なキャンドルを灯しました。
又ハロウィンの夜は妖魔が最大限に力を発揮できる夜とされていて魔力が最も高まる日で御座います。
もちろん一年の中で一番おまじないに最適の夜で御座います。

ハロウィンの願いが叶う恋愛成就や復縁のおまじない 霊力の高まるこの日に 宜しかったらいかがでしょうか?

おまじないに使用するもの
@ ろうそく
A 赤いリンゴ
B ろうそくやリンゴに彫り物をする先のとがったもの(きりや針、アイスピック、ボールペン等)

ろうそくは白でもいいですが
おまじないが強力になるように チャクラカラーを使うのもいいですね

第一チャクラ 赤 結婚
第二チャクラ オレンジ セックス
第三チャクラ 黄色 デート
第四チャクラ 緑 両想い
第五チャクラ 青 連絡が取れる
第六チャクラ 藍(紺) 恋人に出会う
第七チャクラ 金銀 ソールメイト(ツインソール)に出会う

その色のろうそくがあればいいのですが 中々手に入らない時は色折り紙でろうそくを巻いても大丈夫です。マーカーで色を塗っても大丈夫ですね。
ろうそくにはお相手様のしっている事を先のとがったもので 全部ほりましょう。(名前、生年月日、住所、会社、電話番号)
知らなかったら名前だけでも大丈夫ですが より鮮明な方が叶いやすくなります。

リンゴは出来るだけ赤い色がいいでしょう。
リンゴは御自分の名前と お相手様のお名前をお書きくださいね。

ハロウィンの夜 ろうそくに火を灯し 願いを込めて リンゴを頂きます。
皮つきで丸ごといただきましょう。

ろうそくは叶えたい数だけ灯しましょう。
全カラーの7色のろうそくに明かりをともしても大丈夫です。

ハロウィンの日がご無理でしたらハロウィンイブでも大丈夫です。

ワクワクしながら お相手様と「そうなればいいな」というお気持ちで行いましょう。
お休みになる時もそのままアファメーションしながら休みましょうね。


おまじないは換気を良くしながら行いましょう。
火のお取り扱いには気を付け 終わったら 火が消えたのを必ず 確認しましょうね。

大切な貴方様の 恋愛成就をお祈りいたしております。


ウラナ あいか

2018年1月 開運特集コラム

あけましておめでとうございます
昨年は沢山の方とのご縁を頂き心より感謝申し上げます。
2018年もどうぞよろしくお願いいたします。
電話鑑定ではいつもスピリチュアル的な側面から大切な貴方様の貴重なお時間を鑑定させて頂いてますが、年頭にあたり今回は九星気学の今年の流れと、吉方向をお伝えできればと思います。

2018年は、中宮(真ん中)に九紫火星が回座する年です。9年に1度規則正しく現れるのですが、吉凶がもろに出る【極端】な年と出ています。
経済的側面から見れば、右肩上がりに大きな躍進を遂げる企業と残念な企業との格差が極端に開きます。先を見通す目を発揮して戦略を組み立てた企業の利益は大幅にアップし、残念な企業は衰退の一途をたどる厳しい年を迎えることになるので、いかにユーザーが何を求めているか、何を必要としているか、時代の流れをいち早くキャッチしていきましょう。
又、就職にあたっても企業に必要とされる人間力やスペックやスキルさえ持っていたら、大丈夫です。
お金に関して言えば格差社会がますます。拍車をかけ貧富の差が激しくなるでしょう。
そして大切な人間関係と恋愛においてもしかりです。
今まで親友だと思っていた人が疎遠になったり、ただの友達と思っていた人がある日をきっかけに近しい人になったりします。
恋人かセフレか、結婚か別れかの2者択一にも【極端】な傾向がみられる年です。
良い成果をもたらすには、やはり吉神様のいる良い方向へ行く事をお勧めいたします。

下記にわかりやすく表にしました。
詳しく掘り下げると、生まれ月、生まれ日、出征時刻も関係してきますが、今回は生まれ年のみにしました。

生まれ年は九つの星に別れています。
生まれ年から自分の本命星を探してみましょう。
本命星それぞれのラッキーカラーです。
一白水星は 黒
二黒土星は 茶
三碧木星は 青
四緑木星は 緑
五黄土星は 黄
六白金星は 白
七赤金星は 白
八白土星は 黄
九紫火星は 赤
大切な日(例えば初デートやアニバーサリー大事な商談等)には、ラッキーカラーを身に着けるか持つかするといいでしょう。
(2月3日までの生まれの方は前年度に入りますので注意しましょう。)

本命星 九紫火星 八白土星 七赤金星 六白金星 五黄土星 四緑木星 三碧木星 二黒土星 一白水星
生まれ年 1910年 1911年 1912年 1913年 1914年 1915年 1916年 1917年 1918年
生まれ年 1919年 1920年 1921年 1922年 1923年 1924年 1925年 1926年 1927年
生まれ年 1928年 1929年 1930年 1931年 1932年 1933年 1934年 1935年 1936年
生まれ年 1937年 1938年 1939年 1940年 1941年 1942年 1943年 1944年 1945年
生まれ年 1946年 1947年 1948年 1949年 1950年 1951年 1952年 1953年 1954年
生まれ年 1955年 1956年 1957年 1958年 1959年 1960年 1961年 1962年 1963年
生まれ年 1964年 1965年 1966年 1967年 1968年 1969年 1970年 1971年 1972年
生まれ年 1973年 1974年 1975年 1976年 1977年 1978年 1979年 1980年 1981年
生まれ年 1982年 1983年 1984年 1985年 1986年 1987年 1988年 1989年 1990年
生まれ年 1991年 1992年 1993年 1994年 1995年 1996年 1997年 1998年 1999年
生まれ年 2000年 2001年 2002年 2003年 2004年 2005年 2006年 2007年 2008年
生まれ年 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年
生まれ年 2018年 2019年 2020年 2021年 2022年 2023年 2024年 2025年 2026年
九星気学は沢山の事を占えますが、移転先や祐希取り、旅行先、就職先等の方向などを見るのにとても適しています。
こちらが元となる九星気学盤です。
一定のある法則により、毎年、数字の部屋が違います。




青い色が今年の年盤での良い方角です
赤い色が今年の年盤の悪い方角です。

【それでは本命星ごとに吉方向を見てみましょう。】
@ 一白水星の年盤の吉方位は、三碧木星、六白金星、七赤金星の回座する方位で、「東北」「南西」「東」の方角です。
A 二黒土星の年盤の吉方位は、六白金星の回座する方位で「南西」の方角です。
B 三碧木星の年盤の吉方位は、一白水星の回座する方位で、「北西」の方角です。
C 四緑木星の年盤の吉方位は、一白水星、三碧木星の回座する方位で、「北西」「東北」の方角です。
D 五黄土星の年盤の吉方位は、二黒土星、六白金星、七赤金星の回座する方位で、「西」「南西」「東」の方角です。
E 六白金星の年盤の吉方位は、一白水星、二黒土星、七赤金星の回座する方位で、「北西」「西」「東」の方角です。
F 七赤金星の年盤の吉方位は、一白水星、六白金星の回座する方位で、「北西」「南西」の方角です。
G 八白土星の年盤の吉方位は、二黒土星、六白金星、七赤金星の回座する方位で、「西」「南西」「東」の方角です。
H 九紫火星の年盤の吉方位は、二黒土星、三碧木星の回座する方位で、「西」「東北」の方角です。

どうしても凶方位へ出かける場合は方替えをするか化殺をしましょう。
もしくは本命星、本命月、本命日のいずれかのラッキーカラーかラッキーアイテム、ラッキーナンバーをお守りとしてお出かけしましょう。

次に本命星の持つ運命と性格を見てみましょう。
ご自身の性格も大切ですが、人間関係においてお相手様の性格や運命の大まかな流れを知ることによりお付き合いの仕方の方向性が分かります。

【一白水星】
一白水星は水のごとく生きる年代により様々に人生が変化していく人が多いと言われます。一生を通じて仕事や、住む場所の変動が多くなりがちなのも特徴の一つです。水のように環境を選ばず順応性があり、現状に合わせて生きていく能力は九星中ずば抜けています。性格を柔和に保ち外交的に目標を高く持ち力強く進む事で安定した人生を過ごせるでしょう。
又、親とのご縁が薄く幼少期に親と離れて生活したり、親と死別や生き別れなどがあったり、時には親の愛情を受けずに育ったりと親の縁が薄い人が多く現れるのが特徴です。しかし成長するにあたりこの体験をとおして、運命を自ら切り開く能力が身につき良好に転ずるので独立心が養われ、とても忍耐強い性格を作り出し最終的には大成する結果となるようです。人間関係では プライドも高く忍耐強くもあるので人つき合いはこの人と思ったら押しの強さで進めます。相性があえば自分から大切な付き合いにしていき、苦労を厭いません。敵意を見せる相手には、冷たい態度を見せます。
男女ともにセクシーで魅力的な人が多く 人をひきつける不思議な力もありもありよくモテるタイプでしょう。全てにおいて深く考え冷静で慎重に対処するのですが、お付き合いはスピーディーで好意を持って近寄って来た相手には柔軟に受け入れます。

【二黒土星】
二黒土星は大地のような母性的な傾向が強く黙々と地道に万物を育成する力を発揮し はぐくみ育てていきます。面倒見がよく正直な性格で温厚でひかえめです。
反面 疑い深い点、嫉妬心で周囲に対しても思った言葉をそのまま出してしまい顰蹙を買ってしまう時もあります。又倹約家でケチに見られますが必要なことには出し惜しみしません。そして素晴らしい性格は 持続力があり粘り強く物事に取り組み 常に周りを巻き込むことにより自分の力ではなし得ない事も、すばらしい結果を出します 。目標を立てコツコツと行動することを苦労とも思わず 周りからの助けで相乗効果により運勢が開ける運命です。特に仕事に関してはひとりでは困難な事も、人の指導に従い知恵を
借りて成功をおさめます。二黒土星は母・妻・老婆・婦人などの象意があり良妻賢母型の人が多いのも特徴の一つです。結婚後は夫を支えて内助の功を発揮し、子供は愛情深く育て教育熱心です。

【三碧木星】
三碧木星は周囲を震動させながら進むのが特性で怖いもの知らずで伸びていく若々しさと情熱的な行動力を特性とします。表面は強きな精神の持ち主で陽気ではつらつとした勇気を持つ人ですが、内面は柔和な面を持っています。決断力は素早く積極的な部分が前面に見られるところもあります。
正義感が強すぎるあまり怒りをもろに出してしまい言葉も正直すぎるので言動に注意が必要です。そしてせっかちに行動してしまい過程を振り返らずに、他人からはでしゃばりと思われる節が見受けられる場合もあります。熱しやすく冷めやすいタイプで、後に残らないさっぱりとした面も持ち合わせています。
純粋で情熱的な行動力があり物を育てる才能も持ち合わせていて企画力にも秀でていて、
ときには行き過ぎるほど親切な面を見せます。情報を敏感にキャッチし、時代の流れの先端を見据えて何事にも自信満々に闘志を燃やし取り組む姿勢と、情報を敏感にキャッチする能力は、九星中ぴか一です。才能を生かし若いうちに成功する人も見受けられます。
男女共に共通した運命は父親との縁が薄い人が多い事です。その為愛情も偏る傾向がありますから、落ち着いた家庭生活を得るためには、あきっぽさに気をつけ持久力を養うことが幸せな家庭を築くことになるでしょう。

【四緑木星】
四緑木星はまさしく「風」をイメージしてみたような人です。手につかむことは出来ないが対象物にあたりそこで流れが変わって初めてその方向性や存在がわかります。情勢にともない動いて行ける柔軟性を持ち、対象物がある事で大きな力をおしまず発揮し風のごとく流れに乗り運命を運ぶのが特性です。見た感じは強気のように感じるが、内面は慈悲に富んでいて柔和でありお人好しの面を持ち合わせていて人との協調性もあり人の心を読むのがうまく、人づき合いがよく社交家です。連絡事においても ライン、メール、SNS等での返信も早いために 信頼は厚く長所と言えるでしょう。優柔不断なところがあり、移り気な面が前面に出て来て 優先順位の判断ミスにより後に焦る面も出てくるでしょう。自分を持っているのでハリケーンのように怒る時は激しく怒りますが嵐の去った静けさのように穏やかになるのも早く、しつこさはなくさっぱりとしています。
自分の利益になる事は苦手な人が多く、世のため人のために尽くし労を惜しまず 先に周りの人を成功させてその人々の援助で成功するタイプと言えます。
又発明や発見等は九星中一番優れています。自分自身の考え方や判断での一人行動より、人と組んで意見を取り入れ行動を共にすれば継続力(継続は力なり)がましてとてつもなく大成することになるでしょう。遠方と言うキーワードも持ち合わせているので海外での成功も期待できます。

【五黄土星】
五黄土星は定位盤の中央にあり、すべての星と向かい対中しているため五黄の威力が全ての星に影響を与えています。すべてのものを破壊する力と腐敗させる力を持っている反面新しく生まれ変わらせる再生能力があります。再生と破壊の強運の星と言えます。その為九星気学では最強の「帝王の星」と言われています。
幼少期は不安定な生家に育った人が多く、苦労の本質を知りえているのでその性質は周囲の信望を集める心の広い豊かな人に育っていく人となります。温和な面をもちますが意志が強く、弱音を吐かない負けず嫌いな強い性格ですから目標の実現のためには努力を惜しまない明快な処も持ち合わせています。強運の持ち主で人の上に立ちリーダーシップ型が多く見受けられます。トップに立つことが多いと同時に、強すぎる気質が邪魔をして環境によっては非社会的な行為を犯す人物もいます。非常に強い星と言えましょう。
親分肌で面倒見の良い面もありますが泣き言は嫌いです。 この世話好きの面は良いパートナーに恵まれないと生かされません。指示されることをもっとも嫌がりますが、情にもろくおだてに弱く憎めない感じの部分も持っています。面倒見は良いがつきあう相手に対しては自分や周囲よりもさらにすぐれた点を求めます。
愛情があり情に流される涙もろい面も持ち合わせています
晩年運で男女共に中年までの苦労があり、晩年になるほど良くなります。五黄土星の性質が豪快であらけずりであっても、生まれ持った本来の性質は我慢強く忍耐の精神を持ち大器晩成型の人です。

【六白金星】
六白金星は{@東A西B南C北にD天E地}から六が来ています。六白金星の西北の場所は天徳を持っている乾(けん)の部屋です。乾は物事の始まりの天に属しています。国ならば城主、家では主を意味します。正当な正義で理想に燃えそれを築き上げる強靭な信念を持っています。
生家は両親の良い時期に生まれた人が多く見受けられ、外見は柔和な感じの人が多く頭脳明晰で風格があります。しかしプライドが高くなる傾向があるため、自己中心的に見られるなど誤解されやすい人で、さらに内心は気が強く完全主義者の為自分自身の道理が通らないと短気で、いじっぱりな面もあります。中々理解されにくいため中年頃までは苦労をします。物質的には恵まれますが親類縁者の苦労が絶えません。住んでいる場所の心労や心中の苦労で、気の休まる事が少ないでしょう。人に頭を下げるのが苦手で愛嬌はありませんが優しく思いやる言葉を選び使う事により本来持っている非常に運が強い部分で他人の援助も期待できますので、まじめで純粋な性格と頑張りを生かせば相当に開運できる人です。負けず嫌いですから苦労に耐えてピンチをチャンスに変える徳を持ち合わせていますので、克服し成功していく晩年運を持っています。

【七赤金星】
七赤金星の定位盤は兌宮(だきゅう)といい西の方位です。兌は沢の意味があり沢は水が集まる場所でお金も集まってきますが気をつけないと出ていくのも多くなる傾向にあります。風水で言われる西に黄色でお金持ちや黄色い財布はここから来ています。又身体では口を意味し雄弁、柔和、愛嬌などを表しています。明るくハデ好み楽観的で開放的で困った時には自然と棚ぼたが落ちてくるお得な運を持っています。
交際上手で人当たりが上手く快活で弁舌さわやかな明るい人が多く見受けられます。派手好きですが、愛嬌があり勘がよいので人を楽しませる気のきいた特性を持っている為説得力があります。反面短気でせっかちな面があり飽きっぽく粘り強さがない人も多いでしょう。ところが困った時には、なぜだか救いの神が現れるという得な面を持つ人です。七赤の人は金運は良いので入ってきますが、気前よくお金を使う人ですから金まわりは良いのですが、なかなか貯まりません。散在や浪費には気をつければ財産を築けます。
いろいろなアイデアにあふれ才能があり器用で社交性がありますから他人からは貴重な存在とされます。職場では特に上司からは信頼されて出世の引き立ても早いので、物事のプロセスはスピーディーですが、実行力は口ほどではない為に 、軽薄と誤解される時もあります。持続力をつけ継続させていく努力が必要です。信用が長続きしない傾向があるので、この点は気をつければ、持前の才能を活かして大きな幸運をつかんでいくことでしょう。本来、贅沢でグルメと恋愛好きであり、男女共に感受性が強く涙もろいので情に流されたり、遊び心優先のトラブルと嫉妬心には注意が必要です。何事も飽きっぽく途中で投げ出す傾向にあります。優れた才能があるので、これらの面を認識し良い側面だけを発揮していけば、成功を勝ち得ることで更に大きな成功に繋がります。

【八白土星】
八白土星の定位盤は鬼門にあたる北東です。実は「鬼門」でなく母親の母胎から生出てくる「生門」という意味があり暗から明への変化運です。八白土星は人間の持つ@愛A思B考C情の4つとそれらを裏返したD怒E悲F怨G憎の合わせて八つの表裏一体の意味を含む複雑な性格です。外見は安心感のある風貌で内面は温和な人です。正直で人情にあふれる深い面を持っています。ムードメーカーな一面があり人から愛される人物です。根が陽気で目上から引き立ててもらえたり、思いがけなく援助がある得をもっています。忍耐強く、仕事は真面目で物事も丁寧に片づけていく性格ですから早いうちから成功する人も多く見受けられます。八白土星は福徳に恵まれ、不動産運の艮の部屋にいるので物質運が強く蓄財の才能に恵まれていますが、運命的には浮沈が多くなっています。人間の好き嫌いが多く日頃から対人関係にムラがあり欲にこだわってしまうからです。自我が強くなる傾向があり、我が強いが内面はもろいために言動や行動が矛盾して、身近に付き合う人ほど何を考えている人かつかめず、気分屋呼ばわりされることもあるでしょう。移り気や執念深く執着心の面もあり好き嫌いが激しさをもろに出す人もいるため、男女を問わず縁遠いか、猜疑心でせっかくのチャンスをのがしてしまうため、縁があっても和合しない場合が多く 、初縁で納まらない人もいて孤独となる人が多い星となっています。しかし最良のパートナーに出会えたら家族を一番に思いやる考え方をする人です。家族主義の考えですから家の中は比較的安定していて、幸せな晩年を迎えます。

【九紫火星】
九紫火星は太陽を表し「火」の意味があります。燃え上がる火の象意で光り輝き四方八方を照らします。九星気学での九という数字は数の中で最大のもので一番天に近く神の領域に達している状態です。頭が良く決断力があり人気者で明るい性格に人が集まりリーダー的な素質を備えた人です。陽気で活発で華美を好みファッションや住まい、身の回りを華やかにします。流行や情報をいち早くキャッチする性質を持っていますが、一度怒り出すと物事を破壊する短気な面や、気分にムラが多く熱中したと思ったらすぐに移り気になったりと、熱しやすく冷めやすいタイプで飽きっぽいのが弱点です。男性は女難の相が出ているのも特徴です。女性は男性運が今一つ欠けていて一夫にて納まる人が少ない傾向もあります。九という数字は一から数えて最大の数字ですので、人として完成された優れた面を多くもっています。自分自身が完成形に近いので、相手に多少の欠点があってもその時好きだったら多少は目をつむってしまいがちなので、中々いいご縁に結びつくことが少なくなっています。最初からいいパートナーと巡り合うことが出来れば生涯を通して幸せな家庭を築くことでしょう。性格は文字通り火のような情熱があり、太陽のように明るく知的であり派手な面を持ち物質よりも名声を重んじる傾向があります。さらに努力して良い宿命を活用して、大きく開運し成功に至る人です。

最後までお読みいただきありがとうございました。
貴方様のご自身の御性格や運命の流れの参考になれば幸いです。
又 パートナー(恋人、結婚相手、ご夫婦、仕事相手、上司、友達)の 運命のアドバイス等にもお使いいただければ、感謝のいたりです。
貴方様に今年1年沢山のラッキーが訪れることを願っています。

   ウラナ あいか