電話占いのおすすめ鑑定師

お悩み別 -電話占いご相談事例:不倫

不倫・・・珠結先生

女性

相談者 北山留美さん
(仮名)

初めまして。一週間前に、約10カ月付き合った彼(正輝さん(仮名))と別れました。理由は彼が結婚していたからです。

彼は同じ会社の先輩で、付き合う前に遠距離の彼女がいると聞いていました。遠距離なのでほとんど会っていないと言っていた事もあって、私と付き合っていくうちに彼女と別れてくれればいいなと思っていました。しかし、会社の人たちと飲みに行った時に、彼がすでに結婚しているという話を聞いてしまい、頭の中は真っ白、パニック状態でした。。。

後日彼を問いただしてみると、私と付き合い始めて3ヶ月目くらいに結婚したとのこと。嘘をついていたのは本当に私の事が好きだったから、結婚していると言って離れてしまうのが嫌だったからだと言われました。

私の事が好きなのにほとんど会っていなかった彼女と結婚した彼の本当の気持ちが知りたいです。私は遊びだったのでしょうか。

frame
frame

北山留美さま

この度は観相の機会を頂戴しまして、どうもありがとうございます。四柱推命と宿曜をベースにタロットを加えた観相のご報告をさせて頂きたいと思います。お付き合いなさっていた彼の本心について、そしてこれからの留美さまのご運相について、まごころ込めて読ませて頂きました。少々長いメールになりますが・・どうかご容赦下さいますように。

彼の本心はどうだったのだろう・・一緒に過ごした日々は偽りだったのだろうか・・あのときの言葉、あの笑顔、積み重ねたふたりの時間を思い返すほど、心と頭の中には薄暗いモヤが広がってゆきます。それは悲しみや悔しさの濃度を増して、胸を締め付け、やがては視界をも曇らせてしまいます。鬱蒼とした暗色のモヤがこれ以上留美さまの視界から光を奪わないようにこれまでのこと、そしてこれからのことを、お話させてくださいね。

正輝さんの、留美さんへの愛は「本当」だったと思います。「遊び」でも「魔が差した」のでもなく、正輝さんにとって、留美さんは「本当に愛しい恋人」でした。気の合う仲間で妹のように可愛い後輩が、いつしか愛しい存在となり、惹かれあい恋人として傍にいたいと思うことは正輝さんにとってごく自然な流れだったようです。

もちろんフタマタをかけている罪悪感はあったはずです。無責任なことをしているという自覚も、いずれは本当のことを告げなければならないことも承知していたでしょうし、留美さんを悲しませる日がくることも・・。しかしその現実に目をそむけてまでも、もう少しこのままでいたいという気持ちが、ふたりの時間を重ねれば重ねるほど、正輝さんを言うに言えない状態に追い込んでしまっていたようです。 「自分が今していることは二人の女性を傷つけ悲しませることになる・・」留美さんと幸せな時間を過ごしているその瞬間にも、正輝さんの頭の片隅には常にそのことがチラついていたはず。苦しんでいたはず。です。何故なら・・結婚した奥様への愛もまた「本当」なのです。留美さんとお付き合いをするもっと前から奥様との縁談は進んでいたはずです。奥様の存在は長いお付き合いの期間を経て、これから先の正輝さんの現実生活のビジョンになくてはならない存在となっていたはずです。くつがえせない約束。今までの全てを投げ捨てることなど、きっと正輝さんにはできません。

それはどちらが本気でどちらが遊びということではなく、打算やプライドとか意気地のなさでもありません。正輝さんの持つ律儀で心根の真面目な性格では、その場の損得や感情の勢いに任せて比較しどちらかを選ぶことなど、考えられないし、できないのです。結婚は、奥様と留美さん・・出会うのが奥様のほうが少し先だっただけ。なのです。

正輝さんはとても社交的で誰にでも親切なお人ですね。サービス精神も旺盛ですし細やかな気配りと豊富な話題で人々をひきつける魅力に溢れています。コミュニケーションの得意な正輝さんは対人関係の調和をとても大切にします。だから誰かを騙したり傷つけるような言動はしないし、ケンカもしたくないのです。そんな正輝さんが苦しみ葛藤しながらも、手放したくなかった幸せが留美さんだったのですね。 「彼女とは遠距離でずっと会ってもいない」と言っていたのは、きっと留美さんともっと心を近づけたかったからでしょう。留美さんの笑顔がもっと見たくて、嘘をついてでも留美さんと恋がしたかったのでしょう。けして結婚までの間の恋愛ごっこや火遊びのつもりではなく、留美さんが愛しかったから抱きしめた。正輝さんの留美さんへの気持ちは純粋な衝動だったのでしょうね。ずるい・・・けど、でも・・・、留美さんへ向けられた正輝さんの愛は彼の「本当」の気持ち。でした。

お二人がお付き合いをした10ヶ月は、けっして欺かれ、もてあそばれた偽りの期間ではありません。正輝さんにとっては、かけがえのない愛が詰まった秘密の宝物箱のような時間だったはずです。だから留美さんは、愛されていたという自信を持って胸を張り、これからを歩んでゆけば良いのだと思います。

聡明な留美さんはきっともうモヤの隙間に見える光を感じられているはずです。ほんの少し顔をあげれば締め付けられた胸に新鮮な空気が流れ込んでくることを、ご存知のはずですね。

これから先のお話をしましょう。ホロスコープを見ますと、今、成長と転機をもたらす星・木星が、愛や喜びを司る第5室に滞在しています。木星はおよそ一年同じ部屋に留まります。来年の7月中旬頃まで木星は「愛についてたくさん学び、本当の愛をみつけなさい」と留美さんに囁き光を投げかけます。この期間は愛し愛される喜びや悲しみや苦しみ・・愛から生じる多くの感情を体験する機会も増えることでしょう。その経験を経ることで、愛の持つ崇高で豊かな力強さを知り、そして成長してゆくのです。

来年は結婚やパートナーにまつわる良いご縁のある年です。マイペースで少々ガンコな面のある相手にご縁があります。留美さんとは「似たもの同士」かも。お互いを理解し合う気持ちを持てば最強のパートナーとなります。

相手に対して「似たところがあるからその気持ちよくわかる。」と思えたのなら、そのお相手との未来を前向きに考えて良いでしょう。そして、人生にはおおよそ10年周期の大きな運気の流れの節目があります。それは後々振り返ってみて、「そういえばその頃から生活が変わったかも?」程度の節目の場合もありますし、結婚や転職のようにはっきりとした節目の場合もあります。その運気の節目が27歳辺りにあります。仕事や生活環境が大きく変わるかもしれません。

2016・2017年は何かと思い通りに行かないと感じる場面も多いかもしれません。しかし愛の豊かさを学び成長した留美さんはアクシデントや困難と思える事も糧として更に心を豊かに成長してゆけるはずです。2018年にはこれまで頑張ったご褒美のように嬉しい出来事にもたくさん恵まれそうです。

タロットをめくったら・・・もう運命の輪は廻りだしているようですよ。モヤの切れ間から眩しい光が差し込むのも、もうすぐのはずです。留美さんが顔をあげて、歩き出せるよう、私にも願わせてくださいね。

長々と支離滅裂な駄文になってしまい申し訳ありません。言葉が足りない点や語弊など・・多々あるかと思います。至らぬ事、どうかご容赦下さいますように。気になるところや、もう少し深く知りたいと思うところがありましたらどうぞお気軽にご質問下さいませ。留美さんのますますのご多幸をお祈りしつつ・・☆

珠結

frame
frame

この先生に相談を依頼する

電話占いの【ウラナ】個人情報の取扱を徹底します。 電話とメール鑑定のウラナ鑑定師募集受付中! 電話占いのカミール