会員登録
おすすめ鑑定師

鑑定師のつぶやき|仁衣沙(ニイサ)先生

電話占いウラナ所属の先生達のつぶやきが表示されます。電話占いが当たると評判の高い先生のつぶやきをチェックしましょう。

※トップページの「鑑定師のつぶやき」の反映には、約1時間かかります。

  • 鑑定師
  • つぶやき
  • 仁衣沙先生

    仁衣沙|電話占いウラナ
    時間外
  • 2021-06-09 (水) 01:38

    霊障診断および浄霊をお急ぎの方へ

    予約を基本といたしておりますが、

    お急ぎの場合は、途中で電話が切れないクレジット払いの場合は承ります。

  • 仁衣沙先生

    仁衣沙|電話占いウラナ
    時間外
  • 2021-05-14 (金) 10:56

    メール鑑定をご依頼の皆様へ

    ◎メール鑑定では方位の詳細鑑定しております。

    相手がいる場合(会社等も含む)相手との方位関係を明記願います。

    例)

    1)貴女の自宅からみた相手の自宅の方位

    2)貴女の自宅からみた二人が会う場所の方位

    3)相手の自宅から貴女の自宅の方位

    4)相手自宅からみた貴女の自宅の方位

    これらの方位を明記の上ご依頼願います。

    ◎詳細な運命鑑定をしております。

    1)貴女の氏名(漢字)

    2)貴女の氏名(ふりがな)

    3)貴女の氏名(ローマ字)

    4)貴女の生年月日(西暦)

    5)相手の氏名(漢字)

    6)相手の氏名(ふりがな)

    7)相手の氏名(ローマ字)

    8)相手の生年月日(西暦)

    を明記の上ご依頼願います。

    ◎相手の異性関係及び相手のほかの異性への気持ち

    鑑定した結果をそのままお伝えします。

    良くない結果でも前向きにとらえる姿勢のない方のご依頼はお控え願います。

  • 仁衣沙先生

    仁衣沙|電話占いウラナ
    時間外
  • 2021-04-14 (水) 10:26

    【浜下り(サニズ)】とは

    旧暦3月3日(今年は今日)沖縄で行われる行事

    女性だけが浜辺に降りて、海水に手足を浸して身を清め、健康を祈願するためのもの

    海で身を清めるのは、「蛇婿入り」の民話に由来がある

    「蛇婿入り」とは、蛇が男になって人間の娘に求婚するという内容の民話の総称

    以下、世界大百科事典第2版の解説

    蛇婿入り(へびむこいり)

    蛇が男になって人間の娘に求婚するという内容をもつ、異類婚姻婚姻譚に属する昔話群の総称。蛇婿入りは内容から「苧環型(おだまきがた)」「水乞型(みずこいがた)」「蛙報恩型」に大別される。

  • 仁衣沙先生

    仁衣沙|電話占いウラナ
    時間外
  • 2021-03-03 (水) 11:50

    【桃の節句】

    「桃の節句」の起源は永安時代より前であり、今日の貴族階級の子女が、天皇の御所を模した御殿や飾りつけを遊んで健康と厄除けを願った「上巳の節句」が始まりとされる。

    やがて武家社会でも行われるようになり、江戸時代には庶民の人形遊びと節句が結び付けられ、行事となり発展していった。

    その後、紙製の小さな人形(形代)を行くってそれに穢れを映し、川や海に流して災厄をはらう祭礼になった。この風習は、現在でも「流し雛」として残っている。

    【流し雛】

    ひな祭りの元になったと言われる行事。「雛流し」ともいわれる。
    祓い人形と同様に身の穢れを水に流して清める意味の民俗行事として、現在も各地で行われている。「流しびなの里」として鳥取市当用瀬長(もちがせちょう)が代表的。

    源氏物語の須磨のまきに出てくるほどに歴史は古い。光源氏がお祓いをした人形(形代)を船に乗せ、須磨の海に流したという著述がある。

    【上巳の節句】

    上巳(じょうし・じょうみ)とは、五節句(人日1/1、上巳3/3、端午5/5、七夕7/7、重陽9/9)の一つ。
    節句とは、古代中国の陰陽五行説を由来として日本に定着した暦。
    伝統的な年中行事を行う季節の伏見(ふしめ)となる日。節供(せっく)、古くな節日(せちにち)ともいう。

    【浜下り】

    沖縄県や奄美群島では、旧暦3月3日に行われる伝統行事である。
    海浜に出かけ、手足を海水に浸して身を清め健康を祈願する。
    またごちそうを持ち寄って浜辺で食べる。

    浜下りの呼び方は、
    沖縄本島:ハマウリ・ハマオリ
    宮古諸島:サニツ
    八重山諸島:サニズ
    徳之島や奄美群島:ハマウリ

    日本における旧暦は太陰太陽暦であり、
    旧暦3月3日は常に干満の差が一年間で最も大きい大潮になる。
    この日の干潮時には、海浜や干瀬が最も広がるため、
    海岸に出かけて魚介類を捕ったり、海草をとる風習がある。
    またご馳走をもって(あるいは神仏に供えるて)、海浜に出かけ、
    (特に女性)手足を海水に浸して身を清めて健康を祈願するという風習がある。

    旧暦3月3日以外でも、災厄をはらうために浜下りをすることがある。

    ある娘が美男子と通じて子を身ごもったが、
    その男の正体はアカマター(蛇)が化けたマジムンだった。
    そこで娘は海に飛び込んで身を清め、
    アカマターの子供を流したことが浜下りの由来であるとする昔話が伝わっている。

    【マジムン】

    沖縄県や奄美群島に伝わる悪霊の総称。






  • 仁衣沙先生

    仁衣沙|電話占いウラナ
    時間外
  • 2021-03-02 (火) 09:33

    幽世と現世

    幽世(あの世)と現世(この世)は、切り離された世界ではなく、
    お互いに常に映し影響しあっています。

    ご先祖の幽世での安らかな暮らしは、
    現世の私たち子孫に巡り戻って幸福をもたらすことになるでしょう。

    3月20日は春分の日。
    ご先祖様のご冥福を祈念する良い機会です。

  • 仁衣沙先生

    仁衣沙|電話占いウラナ
    時間外
  • 2021-02-09 (火) 00:00

    2月9日(火)の暦
    【旧暦】12月28日
    【六曜】先負(せんまけ):午前と夕刻、夜は吉⇔昼は吉事に用いて凶、葬儀は凶
    【上段(二十八宿)】翼(よく):樹木の植え替え・種まきは吉⇔高所での仕事は凶
    【中段】開(ひらく):建築・移転・婚礼・開店など小吉⇔葬送など不浄事は小凶
    【暦注下段】往亡日(おうもうび):「往って亡ぶ」の意 旅行、婚礼、移転などは凶
    【雑記】十方暮れ(2月5日〜14日):労して功の少ない日とされ、新規のことを起こしても失敗する。旅行にもよくない日。

    <凶方位>
    【今年の五黄殺】東南
    【今年の暗剣殺】北西
    【今年の歳破】南西
    【今月の五黄殺】無し
    【今月の暗剣殺】無し
    【月破】西南西
    【日破】 南

  • 仁衣沙先生

    仁衣沙|電話占いウラナ
    時間外
  • 2021-02-08 (月) 00:04

    2月8日(月)の暦
    【旧暦】12月27日
    【六曜】友引(ともびき):午前と夕刻、夜は吉⇔昼は吉事に用いて凶、葬儀は凶
    【上段(二十八宿)】張(ちょう): 新規事業開始・婚礼・祝い事・就職など吉
    【中段】納(おさん):水の影響を受けやすい日 入学・祝い事・建築・移転・買い物は吉⇔葬儀・神仏祭祀・旅行は凶
    【暦注下段】母倉日(ぼそうび):婚礼には大吉祥日
    【雑記】十方暮れ(2月5日〜14日):労して功の少ない日とされ、新規のことを起こしても失敗する。旅行にもよくない日。
    三隣亡(さんりんぼう):十二支の活動が凶変する日。 棟上げは大凶日とされ、災いは近隣にも及ぼすと言われている。

    <凶方位>
    【今年の五黄殺】東南
    【今年の暗剣殺】北西
    【今年の歳破】南西
    【今月の五黄殺】無し
    【今月の暗剣殺】無し
    【月破】西南西
    【日破】 南南東

  • 仁衣沙先生

    仁衣沙|電話占いウラナ
    時間外
  • 2021-02-07 (日) 00:23

    2月7日(日)の暦
    【旧暦】12月26日
    【六曜】先勝(せんかち):万事急ぐことに吉 交渉事など先手必勝の日 午前は吉⇔午後は凶
    【上段(二十八宿)】星(せい): 乗馬始めは吉 婚礼・葬儀は凶
    【中段】成(なる):物事の成就の意 建築・開店・種まき等、新たなことを初めてのことは小吉⇔訴訟は小凶
    【暦注下段】●受死日(じゅしび):病気見舞い、服薬、鍼灸、旅行など大凶日。葬式はしてはいけない。
    【雑記】十方暮れ(2月5日〜14日):労して功の少ない日とされ、新規のことを起こしても失敗する。旅行にもよくない日。

    <凶方位>
    【今年の五黄殺】東南
    【今年の暗剣殺】北西
    【今年の歳破】南西
    【今月の五黄殺】無し
    【今月の暗剣殺】無し
    【月破】西南西
    【日破】東南東

  • 仁衣沙先生

    仁衣沙|電話占いウラナ
    時間外
  • 2021-02-06 (土) 00:10

    2月6日(土)の暦
    【旧暦】12月25日
    【六曜】赤口(しゃっこう):午前11時~午後1時は吉 その前後は凶
    【上段(二十八宿)】柳(りゅう): 修繕・断ることは吉⇔婚礼・新規事業開始は凶
    【中段】危(あやぶ):万事控えめに慎む日 旅行・登山は凶
    【暦注下段】十死日(じゅうしび):大凶日 病気見舞い・服薬・鍼灸・旅行・葬式はしてはいけない
    【雑記】十方暮れ(2月5日〜14日):労して功の少ない日とされ、新規のことを起こしても失敗する。旅行にもよくない日。

    <凶方位>
    【今年の五黄殺】東南
    【今年の暗剣殺】北西
    【今年の歳破】南西
    【今月の五黄殺】無し
    【今月の暗剣殺】無し
    【月破】西南西
    【日破】東

電話占いの【ウラナ】個人情報の取扱を徹底します。 電話とメール鑑定のウラナ鑑定師募集受付中! 日本占いコンテンツ協会