おすすめ鑑定師

2019年ウラナ開運特集:ささいひろみ先生

鑑定師 メッセージ
時間外
2019年の開運・恋愛方法

いつもありがとうございます。 ささいひろみです。
新しい年を迎えて心機一転今年も頑張ろう!良い縁がありますように!仕事がうまくいきますように!金運を・・等々、人々は各々の希望に向かって進んで行きたいと願っています。
あたりまえのことですが、誰でも、どんな立場にいる人も、みんな、幸せになりたい、望みをかなえたい、そう思って毎日を過ごしていくのです。
日常の生活のなかで、ちょっとした、タイミングで、・・少しの時間のずれで・・右の道を選ばうとしたのに、間違って左の道に進んでしまった・・・・こういったことが、大きな人生の変化運になることがあります。
人間は、自分の考えが大切で、努力や継続、忍耐が、物事を成功させる大きな基礎となるのは当然ですが、同じように努力、継続、忍耐をしても、やはり、人では動かせない、天の運というものがあります。

俗に、強運だ。運がない・・などと表現されますが、このことは無視できない事実で人生に大きい影響を与えていきます。
だったら、どうしたら運を強く、良い運を掴めるのでしょうか?
良い運は、勝手に自分で求めたり、作っていけるものではなく、天から与えられやすいように、自分自身を良い受け皿として、磨いていくことが必要です。
一番大切なのは日常の言葉使い(言霊)、感謝の心、優しい思いやりの心です。

なぜこれらの行動が運を強くさせるのでしょうか?
人には各々の波動があります。細かい優しい波動の人もあれば、荒々しい強い波動の人もいます。
私達が持つ個々の波動は日常の行動、発する言葉によってどんどん変わっていきます。この波動が、幸せを呼び込む原点となります。
優しい心には、優しい波動が・・誠実な気持ちには誠実な波動が・・周りに影響を与え、ブーメラン現象となって必ず自分に戻ってきます。
この波動、気持ちが、鏡の法則で自分に強い運となって幸せを呼び込むのです。

人を恨んだり、怒り、我執、欲望で、自分は満足したとしても、それは一時的なもので、決して長続きしません、運が強くなることとは全く別問題なのです。
このように、波動を粗くしていると、ブーメラン現象、鏡の法則によって、強いマイナスの事が自分に戻ってきます。
春風のような優しい風は快いですが、強い風は危害を及ぼし、いろんなものを吹き飛ばしてしまいます。天から与えられる良い運も一緒に吹き飛ばしてしまうのです。
少しずつでも自分自身が細かい波動になるよう、心がけて天からの良い運をさずかるように待ちましょう!

次に準備が整ったところで、さらに運を強くするには、運を強くなるように
心がける大切な事は、全てに感謝する気持ち、正しい信仰心です。
世の中にはいろんな神仏の信仰がありますが、それは個々ご縁があったり、
自分が気に入って選べばよいのです。
大切な事は、自分が今生かされている事への感謝と、少しの事にも、ちょっとした事にも、有難い!と思う心を持ち続ける事です。
その感謝の気持ちが開運、強運を呼び寄せます。

新しい年を迎えて今年こそ・・と思っているひとは、是非、開運のために、
これからお話することを参考になさってみてください。

神仏に縁を持たない人は、別として少しでも良い運を授かって幸せになりたいと思う人は、自分の波長の合う神社、仏閣、教会のいずれかに、最低月に1回はお参りすることです。(時間があれば何度でも・・)

信仰心も、人間のお付き合いの気持ちも同じです。何度も顔を合わせたら、
どんどん親しくなっていくし、信頼関係も増します。
人にものを頼んで、願いが叶ったらちゃんとお礼もしますよね。

神様仏様に対しても同じです。
お願い事をするのは全然かまいませんが、一回か数回きりで、お願い事をかなえてくださいは、ちょっと虫が良すぎるとはおもいませんか?
丁寧に何度もお参りしてお願いされたら、気持ちはちゃんと通じてお願い事はかなえていただけます。
時には自分の思った結果ではなかったといったことがおこることもありますが、後で考えれば、それが自分にとってかえって良い方向に向かって、良い結果につながったというになります。
どちらにしろ、一生懸命なお願いは必ず通じます。

金運・商売繁盛・恋愛・結婚・・・・
人間にもそれぞれ得意分野があるように、神様仏様にもお得意の分野があります。ほとんどの神社仏閣は、沢山の願望をかなえるようにと範囲を広めていますが、各々の神様、仏様は全て得意分野をお持ちです。
ホームページなどで詳しく書かれてあるところもありますからご覧になってください。

神社・仏閣で自分のお参りするところを決めるには、まず歴史のある由緒正しい神社、仏閣であるかということです。
歴史が長く続いて、丁寧に維持されてきた神社仏閣は、それだけ人々の願いを聞き入れ、人々を助けてきた、人々が感謝を持って守り継がれたことの証です。
こういったところは、無理な勧誘もしませんし、だれでもが安心して自由にお参りできる所なのです。
よく神仏には自分から近づこうとしても、神様仏様から呼ばれないとお参りに行けないと言われます。
自分自身でお参りしてみて、何故か気持ちが落ち着く、気持ちが良いと思ったところを見つけたら、そこを自分のよりどころとして、何度も時間があるときにお参りするのが良いと思います。
よくお願い事をするのは良くないと、言う人がいますが、そんなことはありません。他人のことを悪いようにとかの、他人の不幸を願うお願いは、絶対にしてはいけませんが、自分自身や自分以外の人たちの幸せを願うお願いはして良いし、良い事なら必ずかなえてくださいます。
すぐにお願い事をかなえてください等の勝手な気持ちはやめるべきです。
何事も自分に準備ができた、原石が磨かれて光り輝いたときに、良き運はやってくるのですから・・
大切な事は一生懸命、真直ぐにお祈りすること、お願いすることです。
その願う心が、神仏に通じたときにお願い事はかない、運の強さが増してくのです。
お願い事が叶ったら必ずお礼参りは忘れないようにしてください。
そういった、礼儀がまた次のお願い事をかなえてくださることになります。

長い人生の中で、様々なことがあり、辛い時、悲しい時、もうダメかな・・と思った時、不思議に何故か助けられて生きていく。こういった時に日頃の神仏のご加護が運となって我が身を助けてくれるのです。
神仏が直接手を差し伸べてくださるのではなく、その時その時に、周りの環境、人々、チャンスと姿を変えて運が舞い降りてきます。
人の力でどうにもならないものが運なのです。
自分自身、目標をもってそれに向かって一生懸命努力して、継続し、諦めず、常に感謝の心を忘れないならば、必ず天の助けがあります。

大切なのは、信じ切るという事、神様仏様に対してだけではなく、自分自身に対してもです。
信念が運を呼びこむのです。

2019年は変動の多い天変地異がおこりやすい年です。
各々の生き方を心して過ごしていかねばなりません。
毎日毎日、自分の生活が安泰なのを感謝して、起こってきた問題は、どうしたらちゃんと対処していけるか・・常に心構えをしっかりと落ち着いた行動がとれるように、日々暮らしていきたいものです。
そして、さらに運をよくするために、神仏に感謝して、明るく前向きに進むように心がける事が大切です。
そして、後は天に任せて自然の流れに任せる事です。
そうすればきっと運の強さに結びついてくるでしょう。


次に、新しい年に向かってご自身のエネルギーを高めてもらうためにお勧めの方法をお話します。

早朝・・太陽の光を両手に受けて2分ぐらいじっと目を閉じて光が全身にかかるようにイメージします。
その両手を静かに頭のてっぺん(百会と言いますが)に、重ねて置いてそれから静かに全身を囲むように足先まで下ろします。
光が自分を包んでくれるイメージです。ゆったりとした気持ちになります。
これを日常に続けていると、自分自身の波動がきめ細かくエネルギーが上がっていきます。
その後、白湯をカップ軽く一杯ゆっくり飲みます。
お天気が良い時は続けてください。

もう一つ波動とエネルギーを高めるには、身の回り、目につく所に、綺麗なもの、心地よいものをおいてそれに触れる、見る事です。
自然の花、木々、光る玉、綺麗な色の品物、・・・
環境がその人の人間性、運に強く関わっていきます。
自分にできる限りの綺麗な環境を整えましょう。
それが優しい温かい心に繋がっていきます。

最後に特に開運、良縁に、ご利益が強いと言われている寺院をお知らせします。
もしご縁があればお参りください。(これらの寺院は歴史が古く真言・天台の
密教寺院で由緒あるお寺です)

東の待乳山本龍院(別名待乳山聖天)・・東京隅田公園の近く

西の宝山寺(生駒聖天)・・・・奈良県生駒市

他に京都の、雨宝院(西陣聖天)
金沢の養智院
広島の大願寺・ 大聖院

これらのお寺は本来お寺を栄えさせる秘仏としての歓喜天様を一般の人々にもお参りさせてくださる寺院です。
御前立は十一面観音菩薩様になっていらして、ご本尊は秘仏として、一般には、お目にかかれませんが、昔から非常に力の強いと言われている神仏合体の仏様です。
お坊様の中でも特別の行をしないとこの仏様をお守りできません。
ご祈祷も特別のお浴油・大般若、百味供養などを行います。

商売繁盛。縁結びなどに特にお力が強いとされています。
これらのお寺にお参りする人達はとても熱心にお参りされるので、他の観光寺とは少し趣が違うと思います。

これらのお寺のお参りの仕方は、
まず三礼してから、ご真言は(お参りした時にその仏様に唱える言葉で、仏様によって全て違います)【おんきりぎゃくうんそわか】と7回唱えてから、
住所と名前、お願い事を言います。最後はちゃんと三礼してください。
この仏様には、お願い事がかなった時は、お礼参りは必ずすることが大切です。

これ以外にも様々な良い神社仏閣がありますが、信仰心は必要ないと思う人はそれはそれで個人の考えで良いと思います。
でも、もしご縁があれば、私達は自分一人で生きているのではありません。
ご先祖の長い徳をもらって、生きているのであり、また私達が今度は先祖となって子孫につなげていくのです。
ご先祖に感謝して先祖供養を忘れずに、神仏に感謝してこそ、良い運を授かって、これからの開運になることは間違いありません。

2019年、新しい年に、以上の事を参考にして、心身をもう一度整え、しっかりとした目標をもって開運、恋愛成就につなげてつなげていただければと願っています。