おすすめ鑑定師

2019年ウラナ開運特集:あいか先生

鑑定師 メッセージ
時間外
あけましておめでとうございます
昨年は沢山の方とのご縁を頂き心より感謝申し上げます。
2019年もどうぞよろしくお願いいたします。
電話鑑定では いつもスピリチュアル的な側面から大切な貴方様の貴重なお時間を鑑定させて頂きまして心より感謝申しあげます。
昨年は九星気学の流れでしたが今年はそれに付け加えた陰陽五行で幸せな方向性をお伝えできればと思います。
2019年は、中宮(真ん中)に八白土星が回座する年です。9年に1度規則正しく現れます。
毎年中宮に入る星により常にその年1年間の吉凶の流れが現れます。
八白土星「変化」と「停滞」の星が真ん中に入りますので2019年は万事において変化の避けられない方には大きく変化又反対に「動かざる事山の如し」と停滞の作用が大きく出る方と両極端な一年となるでしょう。
地面や空間、大気の変化、又世界的な外交問題から社会的な物流や財政の流れ、情報の変化、個人に至っては人間関係の変化が大きく現れる年となる事でしょう。
木星が「太歳神(たいさいしん)全てを育成する。円満、健全、さらに拡大」乾宮に君臨しています。その乾宮には「名誉、明智」を担う九紫火星が入ります。学びの年として意識を高く向上させることにより、変化を伴い、とても良い開運行動に繋がり更に良い一年となっていく事でしょう。
自分自身が信じる大きな高次の(魂のおおもと)とも繋がりやすい年と出ています。
巽宮は風(情報)の場所で「歳破」が君臨します。その巽宮には「悦び口」を担う七赤金星が入ります。
情報詐欺には注意が必要になって来る年で、情報弱者は「学び」を深めていきましょう。
又立ち止まり、停滞期間を作り考え見直すことにより、凶を吉に変えていく事に意識を集中していきましょう。それにより滞っていた凶事が吉に転じ副年に変わり良い一年となっていく事でしょう。

九星気学の早見表
一白水星 二黒土星 三碧木星 四緑木星 五黄土星 六白金星 七赤金星 八白土星 九紫火星
1927年 1926年 1925年 1924年 1923年 1922年 1921年 1920年 1919年
1936年 1935年 1934年 1933年 1932年 1931年 1930年 1929年 1928年
1945年 1944年 1943年 1942年 1941年 1940年 1939年 1938年 1937年
1954年 1953年 1952年 1951年 1950年 1949年 1948年 1947年 1946年
1963年 1962年 1961年 1960年 1959年 1958年 1957年 1956年 1955年
1972年 1971年 1970年 1969年 1968年 1967年 1966年 1965年 1964年
1981年 1980年 1979年 1978年 1977年 1976年 1975年 1974年 1973年
1990年 1989年 1988年 1987年 1986年 1985年 1984年 1983年 1982年
1999年 1998年 1997年 1996年 1995年 1994年 1993年 1992年 1991年
2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年 2000年
2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年
2026年 2025年 2024年 2023年 2022年 2021年 2020年 2019年 2018年
一白水星 二黒土星 三碧木星 四緑木星 五黄土星 六白金星 七赤金星 八白土星 九紫火星



今年の凶方位は南西の(坤宮)未、申に五黄殺、北東(艮宮)丑、寅に暗剣殺、南東の(巽宮)辰、巳に歳破が入ります。2月立春から来年の2月立春までの1年間は、この方位についての新築移転や新しい試み等は注意が必要となります。
又個人においては、御自分の本命星が滞在している所を本命殺で、その反対側が的殺と称して凶方位ですのでその方位も冒してはいけない方位となります。
それでは新しく通う学校や会社はどうでしょうか。それについては、入学式や入社式の日に方替えをお勧めいたします。
八白土星には「停滞」が含まれていますから、一旦立ち止まり良い方向を見極めたら、停滞を打ち破り、亥の猪突猛進の力を借りて凶を吉へと変化させる、発展向上へ向かわせるチャンスを頂きに、前もっての吉神様を受け入れるための恵方参りにいかれる事、そして恵方巻を頂くことをお勧めいたします。貴方様の家の中心から見て東北東に吉神様はいらっしゃいます。その神社仏閣へのお参りする方がよいとされています。神社仏閣に大きい小さいはあまり関係ございません。
恵方参りに行かれた時はお参りする神社仏閣の作法に合わせてお参りしましょう。
その時大切な事はお願い事で御座います。
「世の為、人の為にお役に立てるよう、わたくしにチャンスと力を御恵み下さい」とお願いいたしましょう。
又大切な方がいらっしゃる場合は「彼(彼女、家族、友達、仲間)のお役に立てるよう、わたくしにチャンスと力を御恵み下さい」とお願いいたしましょう。
神様とのお約束を取り交わすことになります。神様との誓いを守れるように日々努力をしていきましょう。
今年の吉神方位は寅と卯の間の(甲)東北東が歳徳神で(あきのかた)恵方巻を頂き、いらっしゃる神様のご加護を頂きましょう。
毎年現れる歳徳神とはどのような神様でしょう。
南海の娑謁羅竜王の御姫様に生まれ、絶世の美女に育ち牛頭天王の御后様になられ8人の王子をうんで国が栄え(あきの方よろず大吉)と言い伝えられてきました。歳徳神の方位は特に女性に御利益をもたらせる方位でもあり、神秘的で幸運をもたらし諸事繁栄の大吉方位で御座います。

陰陽五行とは「陰陽」と「五行」の二つを組み合わせたもので御座います。
「陰陽」は古代中国神話に出てくる皇帝「伏羲(ふくぎ)紀元前1000年頃」が作ったものと言われ、全ての事象は、「陰」と「陽」という相反する形で成り立ち、それぞれが影響しあっているという考え方で御座います。
陰陽は片方だけでは存在しません。

【陰】 【陽】
太陽
暗い 明るい
停止 動き
冷たい 暖かい
湿気 乾燥
垂直 水平
柔らかい 硬い
下降 上昇
物質的 非物質的


「五行」は夏朝の創始者「禹(う)文命紀元前400年頃」が発案したものであり、万物は「木火土金水」という五つの要素により成り立つとするもので御座います。

【陰陽から五行の育成順序】
@ 丸い縁だけだった太極が二つの陰陽に別れ、陰の1部の冷たい部分が北に移動して水気(一白水星)が生まれました。
A 陽の1部の熱い部分が南へ移動して火気(九紫火星)が生まれました。
B 残った陽は東の方に移動し風になり木気(三碧木星)(四緑木星)に生まれました。
C 残った陰は西の方に移動して金気(六白金星)(七赤金星)に生まれました。
D 四方の水、火、木、金から余った気が真ん中に集まり土(五黄土星)が生まれました。
E 更に土は北東と南西にも移動し、(二黒土星)と(八白土星)が生まれました。
後に斉の陰陽師「鄒衍(すうえん)」により5つの惑星と、人間の五臓五腑、五色、五味、等、森羅万象のあらゆるものを取り入れ、陰陽と五行が統合されて現在の陰陽五行が完成されたと言われています。
中国から日本に伝わったのは飛鳥時代で御座います。
当時の聖徳太子の政策にも取り入れられ、さらには天文学、易学、暦学、時間学の軸になったと言われております。
「陰陽道」は陰陽五行説を元に太陽や月、星の運行を見て占術が生み出され吉凶の判断に用いる元となったようで御座います。

今年は特に5つの星(五行)に少しだけ焦点を合わせていきたいと思います。
木 火 土 金 水
木→モッ  火→カ 土→ド 金→ゴン 水→スイ
読み方 モッカドゴンスイ
一白水星→ 水
二黒土星→ 土
三碧木星→ 木
四緑木星→ 木
五黄土星→ 土
六白金星→ 金
七赤金星→ 金
八白土星→ 土
九紫火星→ 火
となっています。
陰陽五行では、五行のお互いの関係性に
相生(そうじょう)相性がよく生かしていきます。助けてあげ、力になり、エネルギーを与えます。
相剋(そうこく)相性が悪く奪っていき。力やエネルギーを奪います。
比和(ひわ)木は木を、火は火を、土は土をとお互い同じ星が重なると、ますます盛んになります。その結果が良い場合にはますます良くなりますが、その反対に悪い場合にはますます悪くなります。
これは生まれてから生きている間変わらないもので御座います。
五行の理論は、恋愛において説明するのにとても都合がいいもので御座います。
相生だと「この人と一緒にいると安心できて癒される」
と感覚が生まれてくることでしょう。
相克だと「こと有る事にいつも喧嘩になってしまう」
「あの人とはなかなかしっくりいかない」
という感情をもったことがあるのではないでしょうか。
もちろん、ビジネスや友人関係でも御役に立つのではと思います。
これからの人間関係にご利用いただけるといい方向性が見えてくるのではないでしょうか。


下の図は相生と相克、の関係を表しています。





御自分では知らない間に支配やコントロールされている関係
(木火土金水の相克)
木は土を支配しもしくはコントロールします。
火は金を支配もしくはコントロールします。
土は水を支配もしくはコントロールします。
金は木を支配もしくはコントロールします。
水は火を支配もしくはコントロールします。

常にエネルギーやパワーを与えている関係
(木火土金水の相生)
木は火に常にエネルギーやパワーを与えます。
火は土に常にエネルギーやパワーを与えます。
土は金に常にエネルギーやパワーを与えます。
金は水に常にエネルギーやパワーを与えます。
水は木に常にエネルギーやパワーを与えます。

陰陽五行の入り口ではございますが どなたにもお分かりいただけるようにまとめてみました。

思考(思う事、考える事)はとても大切です。
思考は貴方様の未来になっていきます。
思考は現実になっていきます。
いつも考えている事(思考)は言葉や文字になっていきます。
言葉や文字は行動となっていきます。
その行動は習慣化していきます。
そして現象となって現実になっていきます。
同じ考える(思考)でしたら素敵な事ばかりを考える癖をつけていくことを試みられてはいかがでしょう。
そうすることによって、豊かな人生を創り上げていきます。
大切な貴方様の2019年も豊かで幸多き良い年になりますように心からお祈りしています。
最後までお読み頂けてありがとうございました。

 ウラナ あいか