おすすめ鑑定師

2017年ウラナ開運情報:蓮華先生

鑑定師 メッセージ

この先生に相談を依頼する

<p>皆様、いつもお世話になっております。</br>
鑑定師の瀧山歩です。</p>

<p>今回は『開運』について、私の場合は『開運の占術』について話をさせて頂きますが、人の魂は元々素晴らしい力を持っており、幸せな日々を手にすることは決して難しくはありません。</p>

<p>大切なことは、小さくてもいいので「魂の覚醒」を起こすこと。</br>
本来持っている魂や運気の力を目覚めさせることとなります。</p>

<p>
それさえ出来れば、運気は開かれ(つまり開運ですね)あなたは心温まる幸せな日々を過ごせるのです。
</p>

<p>
考えても考えても答えのでない不安や、いつまでも今の苦しみが続くのではないかと言った心細さなどの不運とはキッパリと縁を切り、安心や安定に満ちた未来を必ず掴み取りましょう。
</p>

<p>
そしてその為に、この文章を読んで頂いているあなたにお願いがありますが、それはこの『開運の占術』は読むだけでは効果がないということ、つまり【 実行 】して頂いて初めて効果が表れるということです。
</p>

<p>
とはいえ、難しすぎる要求はもちろん致しません。</br>
もちろん無駄な費用などもかかりません。</br>
ですので、読むだけではなく【実行】することが自分を変えること、幸運を掴み取ることと心得てください。
</p>

<p>
そして今回『開運の占術』を行うために『手の中に収まる大きさの紙』を一枚ご用意頂けますでしょうか。
</p>

<p>
紙はどのような紙でも大丈夫です。</br>
大切なことはギュッと握れる大きさである事となります。
</p>

<p>
紙とは古来より形式を問わず、そこに文字を書き入れること(魂を吹き込むこと)で天界へと願いを伝える「神具」として活かされてきました。
</p>

<p>
大切な点は紙の質ではなく、どれほど強く己の願いを込められる(魂を吹き込められる)事となります。
</p>

<p>
それが出来れば、あなたの運気には力強き変化がしっかりと訪れるでしょう。
</p>

<p>
ですが開運を掴むためには、やはりそれなりの「集中力」が必要となる点もあります。
</p>

<p>
そのため、私も全力を尽くしてここに文字を書き入れさせて(魂を吹き込ませて)頂きますので、あなた様もともに力を尽くしてくだされば幸いです。
</p>

<p>
では、ここからが本番となります。</br>
『手の中に収まる紙』が用意できましたら、私とともにあなたの魂の固さをほぐし、集中力を高めていきましょう。
</p>

<p>
まずは深呼吸をし、心身をリラックスさせ、落ち着いた心でイメージをして下さい。
</p>

<p>
今日まであなたが過ごしてきた日々には、あなたの魂の足跡があります。</br>
その足跡は純白の新雪を踏みしめたように、あなたが生まれた日から今日この瞬間までしっかりと繋がっています。
</p>

<p>
そしてあなたは今、その新雪を踏みしめる歩みを止め、初めて後ろを振り返った状態です。
</p>

<p>
後ろを振り返り、今日まで続いた足跡を見返しますと、嬉しかったや楽しかったこともあったでしょうが、それと同時に辛かったことや苦しかったことも多く思い出されてしまうのではないでしょうか?
</p>

<p>その時、その時の出来事にひどく悩まされ、苦しみながら行動をしても、自分を取り巻く状況は何も変わらなかった。</br>
周囲の人たちは皆、悩みなどなく過ごしているのに「なぜ自分だけ」といった気持ちになった事もあるでしょう。
</p>

<p>
しかし、そうした苦しみから生まれた努力は確実にあなたの魂を成長させています。
</p>

<p>
人がこの世に生を受けて大切なことは、一瞬一瞬の快楽ではなく、苦しみから己を成長させ、そこから築き上げられる、真の「魂の輝き」となります。
</p>

<p>
あなたが経験してきた苦しみや辛さは、魂の輝きを強める、何ものにも代えがたい宝物へと“今、この瞬間”から変わるのです。
</p>

<p>
人は現世を生きる中で忙しさや不安に追われ、つい忘れがちになってしまいますが、もう一度、今ここでしっかりと思い出してください。
</p>

<p>
『あなたは幸せになるために生まれてきたのです。』
</p>

<p>
あなたが今日まで踏みしめてきた魂の足跡は、未来の自分を輝かすためのもの。</br>
そしてここから望むべき未来に向けた道筋さえ間違わなければ幸せは手に入ります。
</p>

<p>
あなたが今、私の示している『開運への占術』に目を通して頂いているのも偶然ではなく必然。</br>
つまり、あなたが幸せを掴みとるための機は熟しているのです!
</p>

<p>
それでは、集中力が高まってきましたら、まずは『手の中に収まる大きさの紙』に一行、二行程度の長さでいいので、ご自分の叶えたい願いを書き入れてください。
</p>

<p>
文章はシンプルでかまいません。</br>
思ったことを簡単に書き入れればそれで良いのです。
</p>

<p>
願いを書き入れましたら、そのまま紙を“利き腕”でギュッと強く握り込み、ご自分の体内の力が、全てその握っている手に集まっているとイメージをしてください。
</p>

<p>
そしてこの時に、体内の力が握っている手に集まっているという感覚を持ちながら、それと並行して「願いが叶った時に笑っている自分の姿」</br>
また、その隣りにいてほしい最愛の人がいれば「そのお相手が笑っている姿」を“鮮明にイメージ”するように努めてください。
</p>

<p>
紙を握りしめる時間、幸せなイメージを抱く時間は1分程度で大丈夫です。
</p>

<p>
そしてそこまで出来ましたら、手の中から紙を取り出し、口元に近づけて、一度だけでいいのでご自分の息をフッと吹き付けてください。
</p>

<p>
呼吸とは人の生命を象徴する動きとなり、その息には無意識であっても、あなたの魂の一部が込められているのです。
</p>

<p>そして息を吹きつけた後は三日間でいいので太陽の光にその紙を当ててください。
これは雨の日もあるでしょうから三日間連続でなくて大丈夫です。合計して三日間。また一日に光にあてる時間は五分程度で十分です。
</p>

<p>
三日間、光にあてて頂きましたら、再度息を一度だけフッと吹き付け、後は机の引き出しや、本の隙間などでいいので「誰にも見られない場所」へ紙を移し、しっかりと保管してください。
</p>

<p>
そうしてくだされば、あなたの魂がこもったその一枚は家屋を基点としたあなたの「守り紙」(護符のようなものですね)となり、運気を高める力となります。
</p>

<p>
ここまで行って頂ければ十分です!
</p>

<p>
そして後は日常生活に戻り、幸せを掴むために進んでいく中で、もし不安や迷いでくじけそうになった時には、そっと机の引き出しや本の隙間などから、魂を吹き込めた「守り紙」を取り出し、もう一度その紙を握りしめ、今度は祈りを捧げるように努めてください。
</p>

<p>
なぜなら、そうすることによってあなたの魂から不安や迷いは浄化されていき、気がつけば心が穏やかな安定した未来が手にいれられるからです!
</p>

<p>
そのためにも最後にもう一度だけ、伝えさせてください。
</p>

<p>
「あなたは幸せになるために、この世に生まれてきた」です!
</p>

<p>
この事はしっかりと心に留めておいてくださいね!
</p>

<p>
それでは、長文となりましたが最後まで目を通して頂き誠にありがとうございました!</br>
あなたの運気が開かれることを心より祈っております!
</p>

<p>瀧山歩</p>
<img src="../images/event/daki/01.jpg" width="250">

この先生に相談を依頼する

<p>あけましておめでとうございます(*^^*)</br>
みなさま、2017年いかがお過ごしでしょうか。</p>
<p>去年2016年はいわゆる変革の時。世界情勢を見てもいろんなことがありました。</br>
まさに、革命といわれる出来事の多い時でしたね。</br>
そんな2016年があけて2017年は起こった革命を確かなものにしていく、一つずつの事象を拡大、成長していくような一年です。</p>
<p>
幸運の大吉星とよばれる、木星が2016年9月9日(金)20時20分頃、乙女座から天秤座に移行しました。</br>
木星の大きさは地球の約11倍、質量ともに太陽系で最大の惑星です。</br>
ギリシャ神話でも、木星を象徴するのは全知全能の最高神ゼウスであり、天のサンタクロースと言われるほど、幸運を象徴する星と言われています。</br>
そんな木星が、2016年の9月から、天秤座へ入り、17年の10月まで天秤座にとどまります。</br>
木星が天秤座にはいると何が起こるのか?変革・裁き・成長・交流です。</br>
天秤座の象徴は、この世の善悪を裁く女神、アストレイアです。</br>
人々の善悪を判断していましたが、人間たちの横行に愛想をつかし、ついに天へ帰ってしまいます。</br>
そんなアスとレイアが残したのが天秤座の天秤です。</br>
そう、天秤座は、判断や決断、調和や愛を象徴する星座なのです。</br>
そんな天秤座に木星が入ったため、2016年はいろんなことが裁きを受ける、決断されていった一年だったと思います。</br>
幸運の象徴とされる木星、決めるべきこと、判断すべきこと、積極的な変革が起こる一方で「裁き」という意味で、白黒はっきりさせたいと、世の中が動くときでもありました。</br>
男女間でも2016年はいろんなことが起こりましたが、このように様々なことが明らかになったりしたのはこのためです。
</p>
<p>
そんな木星は今年の10月まで天秤座にいます。</br>
変革の時、決断の時はまだ続きますが、ここを味方につければ、良い変化が起こり、一回りもふたまわりも成長していけるはずです。
</p>
<p>
そのために、何をしていけば良いでしょうか。</br>
今年2017年は九星気学でいうと「水」の気をもつ、一白宮年です。</br>
「水」の力を利用し、自分を浄化しながら、変革のパワーを利用しましょう。</br>
私は毎月、新月と満月にニュームーンウォーターと、フルムーンウォーターを作ります。
</p>
<img src="../images/event/Ange/Ange_2.jpg" width="250">
<p>
お月様のエネルギーをふんだんに取り入れたお水です。</br>
今年は特に水の気をもつ一年。一年の始まりに水を浄化し、しっかりパワーを取り入れましょう。</br>
今年最初の新月と満月は下記の通りです。</br>
</p>
<img src="../images/event/Ange/Ange_3.jpg" width="250">
<p>
・満月 1月12日(木) 20:35 </br>
ボイドタイム 12日10:09〜13日8:53</br>
・新月 1月28日(土) 9:07 </br>
ボイドタイム 29日14:52〜30日1:10</br>
</p>
<p>
満月の時にフルムーンウォーター、新月の時にニュームーンウォーターを作ります。</br>
ボイドタイムをさけ、新月、満月が始まってから8時間以内に作るのがベストです。</br>
作り方は簡単。お水を月光浴させるだけです。</br>
お月様の光を浴びさせる、わけですね。</br>
フルムーンウォーターは満月のパワーを借ります。</br>
満月は、解放の時。今まで凝り固まっていた潜在意識や悪いものを捨てるパワーがあります。</br>
2016年から続いていた手放せないものは、1月の満月の力を借りて、洗い流しましょう。</br>
ニュームーンウゥーターは新月のパワーを借ります。</br>
新月は願い事が叶う時。これからの決意を固めるのに最適です。</br>
2017年に叶えたい願いは、1月の新月の力を借りて、取り入れましょう。</br>
</p>
<p>
さらに今年は水の一年。サンウォーターで、エネルギーをもらうのも良いと思います。</br>
こちらも作り方は同じ。お水に太陽の光をあてるだけです。
</p>
<p>
今年は水の一年ということで、ラッキーカラーは水色。</br>
ブルーのボトルでお月様の水を作るのも良いと思います。
</p>
<img src="../images/event/Ange/Ange_1.jpg" width="250">
<p>作ったフルムーンウォーター、ニュームーンウォーターは飲むのもよし、お風呂に入れて体を清めるのもよし、使い方は自由です。</p>
<p>今年はお月様の力を借りて、自分を浄化しつつ、変革を迎えた自分を一回りもふたまわりも大きく成長させて行ってくださいね。</p>
<img src="../images/event/Ange/Ange_4.jpg" width="250">

この先生に相談を依頼する

<p>
2017年開運記事 「初夢」「夢」</p>
<img src="../images/event/rari/01.jpg" width="250">
<p>
さて、新年の声が聞こえて来て、つい見てしまうニュースの一つに「初夢」があります。</br>
一富士、二鷹、三茄子は有名でもあり、一度は「初夢」で見てみたいとの思いを果たせぬまま、今日に至っております^^;</br>
夢は科学的、医学的、心理学的、そして占いの分野からもたくさんの人が研究していますが、誰もが経験しているにもかかわらず、今もって「夢」は未知数の事が多いようです。占い的にも正夢、逆夢、霊夢、予知夢、白昼夢、願望夢、悪夢などなどに分類されており、「夢のお告げ」は旧約聖書にも多く出て来ます。さぞや紀元前は夢占い師?がたくさんいたのでは、と想像してしまいます。</br>たくさんのご相談が寄せられる中、気になる夢のご相談も頂きます。「悪い夢だったらどうしよう・・・。悪い夢を見たらどうしたらいいの? いい夢を見る方法はありますか」等々。そこで今回は簡単ではありますが、吉夢のご案内、悪い夢を見てしまったらの対処法、いい夢を見る方法を平裡流ではありますが、ご紹介させていただきたいと思います。</br>・吉夢と言われている事が多いもの</br><恋愛編>・ネックレス(光っているもの)や指輪をもらう・扇で風を送られる・澄んだ水の中に彼といる・新鮮な野菜・丸い形の熟した果物・卵・太陽・鳥を捕まえる・新しい洋服・輝く海・妊娠・人を訪ねる</br><お仕事・金運></br>・鷹・緑の葉がたくさんついている木・鳳凰・龍・虹・七色の雲・鱗のある魚・魚を釣る・コインを落とす・名前を呼ばれる・光る稲妻・金・銀・七福神・米俵</br><全般></br>・富士・茄子・松・竹・梅・神社仏閣・輝く仏像・新築の家、建物・大工さん・占い師・たくさんの子供・クローバー・澄んだ水・出来立てのご飯、パン・頭部・手をつなぐ・豪華客船・結婚式</br>紙面の都合上これらはほんの一部ですのでご了承いただきますよう、また、ここに記載されていないものはすべて悪い夢ではないですので、ご注意いただきますようお願いいたします。悪い夢に関しては判定が難しいですが、「気持ち悪いと感じた」などを基準にいい夢、悪い夢を判断いただければ幸いです。</br>
・悪い夢をみてしまったら</br>・「バクバクバク」と三回唱える。夢を食べるバクに悪い夢を食べてもらうおまじないです。</br> ・人に話す</br>
 ・神社にお参りに行く</br>
・いい夢を見る方法</br>
 ・寝る前に笑う</br>
 ・見たい夢を書いて枕の下に入れる</br>
 ・寝る前にストレッチをする</br>
 ・見たい夢が見れます、と言う方もいらっしゃいますが、夢自体はコントロールが効くものではないですので、特効薬のようなものはないようですが、快眠が取れた時の方がいい夢を見られる方は多いようです。</br>
今回ご紹介した夢は初夢だけでなく、昼寝、夕寝でも夢を見たら思い出して頂ければ幸いです。2017年も皆様にとって良い年でありますよう願いを込めて、この記事を記載させて頂きました。</br>
</p>

この先生に相談を依頼する

<p>
2017年、新しい年のスタートですね!</p>
<img src="../images/event/Mimi/mimi_1.jpg" width="250">
<p>
どんな年になるだろう。。と楽しい事を考えたり、不安もあったり、色々な事思いませんか。</br>
私は、毎年新しい手帳を買うと、1年間の自分のイメージを書き込んでます。
</p>
<img src="../images/event/Mimi/mimi_2.jpg" width="250">
<p>
例えば、4月には〇〇な自分になる!6月には必ず〇〇する!!とか、8月に〇〇達成!など、自分なりの目標をイメージをする事で良い流れを引き寄せる事が出来てます!</br>
後ろのメモ帳などにも、細かく自分のイメージを書いたりしてます(#^.^#)</br>
苦しい事こそ、楽しいイメージで書く事で、気持ちが楽に頑張れている自分がいるって気がついたので、かなり面白いイメージで書いて乗り越えてます(笑)
自己流開運法ですが、願いは言葉にする事、書き出す事で叶う事があるので、皆様もいっぱい幸せなイメージを言葉にしてくださいね!</br>
幸多い年になる事を、心からお祈りしてます。。。
</p>

この先生に相談を依頼する

<p>
「2017年」新年明けましておめでとうございます。</p>
<p>
皆様は毎年どの様に「新年」をお過ごしでしょうか?</br>
「良き年を迎えたい」「実りのある一年となります様に」と誰もが願う事と思いますが、</br>
「一年の計は元旦にあり」という言葉通り、物事を願い始めるにあたって「最初が肝心」です。</br>
それが「元旦」であり、それほどに元旦の過ごし方は大切だと言う事です。
</p>
<p>
また年明け3日間をどう過ごしたかで、一年が決まるとも言われています。</br>
本来は「三が日」は遠方等に行かず、落ち着いいて過ごすと良いとされていますが、</br>
帰省されたりする方もいらっしゃる事でしょう。</br>
その為、大切な事は「心穏やかでいる事」です。</br>
</p>
<p>
更に「お正月にすると良いとされている開運方法」ですが、「初日の出を拝む」という事から私の元旦は始まります。
</p>
<img src="../images/event/lenka/lenka_2.jpg" width="250">
<p>
初日の出を拝む事は「年神様をお迎えする」という意味があります。</br>
本来は見晴らしの良い場所、特に山頂から臨む日の出を「ご光来」と言い、一番縁起が良いとされています。
</p>
<p>
私の場合は略儀ではございますが、近年は自宅から初日の出を拝みます。</br>
(その前には「清酒」「お塩」を入れたお風呂に浸かり身を清めます。)
</p>
<p>
またシンプルな方法として「書初め」があります。</br>
願い事を書初めするのです。
</p>
<p>
「今時書初め?」「何とも古めかしい」と思われるかもしれませんが、「書初めには神様に誓いをたてる」という意味があります。</br>
実際に「神通力者達」は、書初めをした紙を神様に奉納してご利益をいただく人も多いです。
</p>
<p>
書初めの内容は「今年一年の抱負」や「実現したい夢」を書き込みます。</br>
できれば書いたら、それを自宅や会社等の見える場所に飾っておきます。
</p>
<p>
会社やお店等で見かける、社運たる言葉や目標達成の一言を書いたものを飾ってあるのを見た事があると思います。</br>
こうして見える場所に置いたり飾ったりする事で、潜在的に目的を達成しようとする心ができ、その心意識が更に神様へと届き、
努力した分ご褒美が与えられるのです。
</p>
<p>
また書初めする事で、プラス思考にもなれる効果があります。
</p>
<p>
神通力者は書初めをした紙を神様に奉納しますが、一般的には自宅などの見える場所に飾っておき、
自分を高める事から始めると良いですね。
</p>
<p>
私の場合は我流になってしまいますが、ここ数年は書初めというより、真新しい手帳に「その年の抱負」を書き込みます。
</p>
<img src="../images/event/lenka/lenka_1.jpg" width="250">
<p>毎日手にする手帳ですので、都度見る事ができるからです。</p>
<p>
そして初日の出を拝む時、これらに書き込んだ事を心で唱えます。(雨や曇りで初日の出が拝めない場合、東に向き日の出時刻に行います)</br>
初詣で「その年の願い事や努力を誓ってくる」のと一緒ですね。
</p>
<p>
そこに書かれたものは、毎年年末になるとどのぐらい達成できたか、または達成できなかった原因を考える材料になるので、
12月末は「一人反省会」をしています(^^;
</p>
<p>
シンプル且つ地味な方法ですが、これが意外と効果をもたらしてくれるものです。
</p>
<p>
あれこれと書きましたが、基本的に「開運」と言うのは、「自らの心構え」「自らの努力」で切り開いていくものです。</br>
そのお手伝いをさせていただいていくのが、私の役目だと思っております。
</p>
<p>
2017年、皆様にとって実り多き一年になるといいですね!</br>
ウラナにお越し下さる皆様の御多幸を、心より御祈りしております。
</p>
<p>
蓮華
</p>
<p>
生まれ月別「2017年の運勢」
</p>
<p>
1月生まれ:前半期は上昇しますが、秋に差し掛かる頃徐々に運気が下がってきます。</br>
物事が上手くまわらず空回りし始めてくるかもしれません。
</p>
<p>
2月生まれ:動けば動くほど周囲のトラブルに巻き込まれる暗示があります。</br>
下手に足を突っ込まず、控えめな行動を心がければ回避でき、安定した運気が保てます。
</p>
<p>
3月生まれ:「成長」と「飛躍」の年です。</br>
ですが無理は禁物です。時には足を止めゆっくり考える事も必要です。
</p>
<p>
4月生まれ:前半期はエネルギッシュに行動でき、パワー全開で行動する事ができます。</br>
何事も意欲的に行動する事で、得るものが大きいので躊躇わず動きましょう。
</p>
<p>
5月生まれ:自分の実力・評価が試される時です。</br>
また一年かけて精神的に大きな成長を遂げる事ができるでしょう。
</p>
<p>
6月生まれ:今までの努力が評価され報われる時です。</br>
一年かけて上昇していきますが、今年が頂点と思わず努力を続けていくと、更に安定した日々となるでしょう。
</p>
<p>
7月生まれ:動く(行動)事で運を呼ぶというよりも、静かに時を待つ事で運を呼びます。</br>
焦る気持ちで突っ走る事は禁物です。
</p>
<p>
8月生まれ:何かに挑むことは後半期にしましょう。</br>
前半期、人間関係で悩む事もあるかもしれませんが、後半期で解消されます。
</p>
<p>
9月生まれ:何事も動いて良き収穫が得られる一年です。</br>
動かず足を止めてしまっては、折角のチャンスが素通りしてしまいます。
</p>
<p>
10月生まれ:努力は報われ開花する年です。</br>
その為、努力なくして良き結果は得られないと考えましょう。
</p>
<p>
11月生まれ:前半期は安定しています。</br>
しかし後半期は健康面に注意が必要です。何か気がついたら早めに対処しましょう。
</p>
<p>
12月生まれ:自分らしくいられれば問題ない一年となります。</br>
しかし自分らしくない言動は、運気を左右させる事になるかもしれませんので注意しましょう。
</p>

この先生に相談を依頼する

この先生に相談を依頼する

<p>
伊勢神宮開運の旅 外宮の三石
</p>
<p>
皆さん、こんにちは神楽ままこです。</br>
新年を迎えましたね。初詣はどこかにお出かけになりますか。</br>
私は毎年伊勢神宮を参拝しています。</br>
2016年伊勢志摩サミットでマスコミが伊勢市をクローズアップしていました。</br>
伊勢といえば【お伊勢さん】の名称で親しまれている伊勢神宮です。</br>
伊勢神宮は天照大御神を祀る内宮(ないくう)と豊受大御神を祀る外宮(げくう)二つの神宮を指します。</br>
一歩足を踏み入れると、その厳粛さに別世界であることを確信されるでしょう。</br>
でも地理的になかなか行けませんよね。ここでは画像もアップしますから、ぜひ一緒にお参りしてくださいね。</br>
</p>
<img src="../images/event/mamako/01.jpg" width="250">
<p>
二つの神社は車で15分ぐらい離れています。本来は外宮をお参りしてから内宮をお参りするのが順序みたいですが、どちらからでも心を込めてお参りすればよいみたいです。</br>
神様は了見の狭いことはおっしゃいません。本質を理解してくれているはずです。と、まま子流ポジティブ解釈をしています。ちなみに私は外宮さんだけということが多いです。内宮さんの方が大きくて有名なのですが、私には外宮さんのほうがしっくりくるようで。これもまま子流です。二つお参りするのが正式です</br>
まずは外宮さんの手水舎に行き手を洗います。
</p>
<img src="../images/event/mamako/04.jpg" width="250">
<p>
当然のことながら、湧水で、まろやかで甘ささえ感じます。</br>
左手右手の順に洗います。口に入れる場合は手に注いでから口を濡らしてください。</br>
境内全体にひかれた玉砂利の上をシャリシャリ歩いていきます。
</p>
<p>
実は今日ご紹介したいのは、伊勢神宮外宮の本殿の前に位置する三石です。
</p>
<img src="../images/event/mamako/03.jpg" width="250">
<img src="../images/event/mamako/02.jpg" width="250">
<p>
この三石からパワーが出ているのがお判りでしょうか?</br>
この上に手をかざすと、じりじりと、いやピリピリと痛いほどパワーを感じます。</br>
以前男性をお二人ご案内したことがあります。</br>
その日は天気の良い日でした。しかしお二人とも「雨が降ってきた。頭にぽつぽつあたった」というのです。</br>
私は「そんな雨なんか降っていませんよ」とお二人を否定しましたが、お二人は頭に当たったことを強調されました。</br>
まさしく気を感じられたのでしょうね。</br>
お二人とも髪の毛が薄く頭皮が見えている状態ではありましたが・・・</br>
私はそれで納得しました。</br>
それほど強いパワーが出ているのですね。
</p>
<p>
さて皆さんはこの三石から何か出ているのがわかりますか?</br>
私には立ち上がる湯気のようなものが見えます。</br>
小さい時から自然に見えていたので、温泉が湧いているのかなとずっとずっと思っていました。</br>
見えない方もいるようですが・・・</br>
どうですか?あなたには見えますか?</br>
見えなかった方もご安心ください。ここからパワーが出ているのは事実ですので、画面上からでも手をかざして感じてみてください。そして手の平からあなたの体の中に息を吸い込むように入っていくのをイメージしてください。きっと体の中に開運パワーが浸透してきますよ。</br>
そして2017年の開運をご祈願してください。ご利益はてきめんです。</br>
</p>
<p>
伊勢神宮そして三石の凄いところは、ご利益があるということです。本当に望みをかなえてくれますよ。</br>
例えば仕事を成功させたい人はそのままダイレクトにお願いするのではなくて、「仕事が成功するように張ります。どうかお守りください」というのです。</br>
神様は他力本願を認めません。目標に向かって努力している者を、成就にお導きくださるのです。</br>
そしてもう一つ知る人ぞ知るの縁結びの神社をご紹介します。
</p>
<img src="../images/event/mamako/05.jpg" width="250">
<p>
伊勢神宮からさらに15分二見が浦の海岸に夫婦岩があります。そこには二見興玉神社(ふたみおきたまじんじゃ)が祀られているのですが、縁結びのメッカです。個人的には、出雲大社と並ぶぐらいのご利益を感じています。</br>
恋愛成就をお望みの方、夫婦円満をお望みの方はぜひこの夫婦岩に手をあわせてくださいね。</br>
</p>

<p>
そしてもう一つ知る人ぞ知るの縁結びの神社をご紹介します。</br>
伊勢神宮からさらに15分二見が浦の海岸に夫婦岩があります。そこには二見興玉神社(ふたみおきたまじんじゃ)が祀られているのですが、縁結びのメッカです。個人的には、出雲大社と並ぶぐらいのご利益を感じています。</br>
恋愛成就をお望みの方、夫婦円満をお望みの方はぜひこの夫婦岩に手をあわせてくださいね。
</p>
<p>
今日は伊勢神宮の外宮と三石。二見興玉神社をご紹介させていただきました。</br>
画像でもパワーがあります。ぜひ一年の開運を手に入れてくださいね。
</p>
<p>
神楽ままこ
</p>

この先生に相談を依頼する

<p>『幸運の扉を開きましょう』</p>
<img src="../images/event/mana/01.jpg" width="250">
<p>
 鑑定師のまなです。みなさん、今年はどんな年でしたか? 楽しいことや、嬉しいことたくさんありましたか?それとも、苦しいことや、悲しいことがありましたか?私はデビューして約一年がたちます。たくさんの方々から、お電話をいただき、みなさんいろんなことで悩んだり、苦しんだり、時には笑ったりしているんだなと感じた一年でした。</br>
そんなお話を聞きながら、自分でも大きな成長の機会を与えていただき、私にとっても大きな一年だったと思って皆さんに感謝しています。</p>

<p>
 そこで、今回はお礼の意味を込めて、お話をさせていただけたらと思っています。</br>
神様は人間にいろんなチャレンジ(苦難)を与えると考えがちですが、どんなものも必ず神様の光に帰るためのものです。</br>
ですから、同じチャレンジでも、とてもやりがいがあったり、頑張るぞと心から思えれば、それはその人の成長につながるものなのです。</br>
しかし、心が後ろ向きの時はそんなこと考えられないですね?なぜ自分だけがこんな思いをしなければならないんだろうって、いつになったらこの苦しい状態から抜け出せるんだろうって思ってしまいますね。
</p>

<p>
 そこで、チャレンジがあったとしても、それを前向きに頑張れるような、つまり、どんな時も、ラッキーって言えるような幸運グッズを紹介します。もちろん、いいことばかりの人も、一ランク上のいいことを引き寄せることができるでしょう。
</p>

<p>
 そもそもチャレンジはなぜやってくるのでしょう。それは、やってくるように感じていますが、実際は自分自身のエネルギー状態に合わせて、引き寄せているのです。</br>
その段階で必要な学びがあるときに、やってくるのです。</br>
たとえば、自分の能力を開花させる方向に向かわず、毎日目的もなく、心から楽しいと思うこともなく、だらだらと生活していると、どーんと禍が起こって、一生懸命自分の力を使って生きることを余儀なくされます。</br>
これは、自分が本当に持っている力を認識させて、次の段階に行かせるためのチャレンジなのです。だから、苦しいときほど、人間は自分の力を信じて、前に進まなければなりません。</br>
 しかしながら、ほとんどの人が、自分の持っている力に気づいていません。</br>
それゆえ、チャレンジが起こったときに、ただ嘆き、逃げることを考えてしまうのです。</br>
もし、仮に逃げることがその時できても、また同じ形でやってくることを知りながらも。
</p>

<p>
 では、どうしたらこのチャレンジをクリアすることができるでしょうか?クリアできるという思いが浮かんできたら、もう半分は成功しています。</br>
 あとは、その時のつらい感情から抜け出すことです。</br>
つらい時期を抜けていても、まだ心の状態が変わらなければチャレンジは永遠に終わらないのです。
</p>

<p>
 そこで、まずこのつらいと思っている心の状態を変える、《儀式》を行いましょう。必ず大晦日までに行ってください。</br>
用意するものは、紙とろうそく。</br>
まず、紙に自分がつらい状態に陥った出来事、理由、関 係者の名前を書いておきます。</br>
そして、その出来事が起こってから、自分の中で手放すことのできない、感情を書き出します。</br>
なんでもいいのです、内容は、自分の中でなくしたいことを書いてください。</br>
書き終わりましたらば、それをろうそくで燃やします。</br>
もちろん、危ないとおもったら、はさみで切って、ゴミ収集車に頼んでもかまいません。</br>
ようは自分の中で、そのことは終わったんだと思う(けじめ)をつけることです。</br>
お葬式も同じです。故人との思いをいつまでも引きづらないようにするためのものです。
</p>

<p>
 それが終わったら新年に向けての、開運グッズの用意です。石でも、自分の手作りのマスコットでも、身につけるアクセサリーでもかまいません。</br>
要は、自分がずっと一年間自分を支えてくれそうなものを選んでください。</br>
新年になりましたら、それを持って、一番近くの神社にいきます。</br>
産土様といって、身近で守ってくれるありがたい神様です。</br>
そして、神様に「力を授けてください」とお願いします。</br>
そのとき、自分でしっかりと胸に抱きしめましょう。
</p>

<p>
 ここからが、最重要ポイントです。</br>
選んだものは、絶対に疑わない。</br>
必ず自分に力を授けてくれると確信してください。</br>
自分で選んだのですから、自分にぴったりのはずです。</br>
よくお店の人に選んでもらっている人がいますが、一番信用できるのは自分だということを忘れないでくださいね。
</p>

<p>
 あとは、流れに任せ、そんなに思い詰めないでゆっくり過ごしましょう。</br>
大丈夫です。力がみなぎってきますよ。</br>
 みなさんに良い年が来ますように。      まな
</p>

この先生に相談を依頼する

<p>今年ももう、残すところわずかとなりましたね。</p>
<p>1月からこちらにご縁を頂いて、たくさんの方とのステキなご縁を繋がせて頂き
本当にありがとうございました、心より感謝致します。</p>
<p>今年1年を振り返ってみて、みなさんにとって今年はどんな1年だったでしょうか。</br>
いいこともよくないと思われることも、たくさんあったのではないでしょうか。</p>
<p>でも、来年こそはいい1年にしたい!!そう思われている方も多いと思います。</br>
そこで、私が行っている開運方法といいますか、毎年来年の幸せのために「今年中」にしておくことをご紹介します。</br>
それは、東京・早稲田にあります「穴八幡宮」という八幡様にお参りさせて頂くことです。</p>
<p>
ちなみに神社には○○神宮や○○宮、○○大社などたくさんの神社がありますが
どんな違いがあるのか、みなさんはご存知でいらっしゃいますか?
</p>
<p>
「神宮(じんぐう)」は、皇室の祖先神を祀っていること。ただし「神宮」とだけ言うと、伊勢神宮のことを指しています。
</p>
<p>
「宮(ぐう)」は、天皇や皇室にまつわる人物を祀っている神社です。</br>
また歴史上の重要な人物を祀った神社も「宮」が付いています。</br>
有名なところでは、徳川家康を祀った「東照宮」や菅原道真を祀った「天満宮」でしょうか。
</p>
<p>
「大社(たいしゃ)」は格式高い、規模の大きい神社。今でこそ数々ありますが、古くは国造りの神・大國主神を祀る「出雲大社」のことだけを指していました。
</p>
<p>
(ご存知の方もたくさんいらっしゃると思いますが、プチ情報でした。笑)
</p>
<p>
話がそれましたが、私がこちらへお参りさせて頂く理由。</br>
それは、江戸時代から続く金銀融通の「一陽来復(いちようらいふく)」御守を冬至の日から翌年の節分の日まで授かることができるからです。
</p>
<p>
そしてこの御守を恵方に向けて、高い場所にお祀りすると「お金繰りがよくなる」と、大変人気になっています。</br>
また、お祀りする日時も決まっていて、冬至・大晦日・節分の3日間のいずれかで、夜中の12時ちょうどということになっています。</br>
</p>
<p>
そういう御守があったことを、みなさんはご存知でしたでしょうか。</br>
【金銀融通】って言葉、なんだかとても惹かれませんか?笑
かくいう私も、数年前に知人から始めて話を聞いて知ったばかりですが。
</p>
<p>
私は冬至当日に毎年お参りさせて頂いていますが、どこぞのアトラクション待ち並みの混雑の時間帯もあるほどで、それくらい私たち人間にとってのお金とのご縁をいうのも「切っても切れない関係」なのだと思います。
</p>
<p>
そして、素直にお金を受け入れる気持ちを持つと、お金はそういう自分を愛してくれる人をめがけてやってきますので、お金とのご縁も強くなり、ひいては人とのご縁にも繋がっていくものだと、私は感じています。
</p>
<p>
神社仏閣はとても大好きで、たくさんお参りさせて頂いていましたが、ここの穴八幡宮さまのような、御守の祀り方まで細かい決まりがあるものは初めて出逢いました。
</p>
<p>
未来はいくらでも自分で変えていくことができますが、【言を担ぐ】ことで自分の行きたい方向がはっきりと定まるということもあると感じています。
</p>
<p>
そして、自分の意識が望む方へ向いている時、現実は必ずそちらへ動いていくものです。
</p>
<p>
あ、御守を頂く時には決して「お金がないから」というお気持ちではなく
「これから豊かになっていく私」を、今感じるためのきっかけにするということです。
</p>
「ない」に目を向け続けると「ない」現実が続きます。</br>
ただ「ある」という方向から物事を見ていると、現実に「ある」が現れてきます。
</p>
<p>
「一陽来復(いちようらいふく)」御守を目で見る(感じる)ことで、現実がいい方向へ変わっていくきっかけを作ってみてはいかがでしょうか。
</p>
<p>
ちなみに、冬至は過ぎてしまってもチャンスはありますし、どの日が一番いいということはありません。</br>
自分が「そうしたい」と思えることが、あなたの中の最善の答えです。
</p>
<p>
いつからでも、今すぐにでも幸せになることを決めることはできます!</br>
決めた人から、どんどん幸せになっていきます!!
</p>
<p>2017年、それを始めていく年にしていきましょうね。</p>
<img src="../images/event/gumi/01.jpg" width="250">