おすすめ鑑定師

2018ハロウィン特別コラム:真迦理先生

鑑定師 メッセージ

真迦理先生

真迦理先生

時間外
満杯
時間外
もうすぐハロウィンですね♪オレンジ色のかぼちゃ達で街が彩られる季節になりました。今回はハロウィンにちなんで、魔女(ジプシー)やカード占いについてお話をしたいと思います。

近年のヨーロッパでは今も魔女が多く存在しますが、特にイギリスやドイツ、ルーマニアなどの東ヨーロッパでは、占いやまじないで自営で営み、生計を立てる魔女が数多くいます。

ルーマニアでは魔女が職業として正式に国に認められているようですね。ルーマニアで魔女になるには特に資格は必要がなく、一家が魔女であったり、親から子へ伝達して受け継がれているようです。中には占星術の学校に通いプロになる魔女もいるようです。

魔法というと、まず黒魔術が思い浮かびますが、人を陥れたり呪う魔術もあれば、人を幸せにする白魔術も存在します。透視やチャネリングなどで未来を予知したり、警察と提携して事件の解決に協力するような魔女もいるとのこと。これも時代の移り変わりでしょうか^^

魔女(ジプシー)の起源は北インド出身であり、家を持たず、馬車を住居とし、旅をしながら拠点をインドから東欧、ヨーロッパに移り住んだ流浪の民と言われています。

ジプシーは別名で「ボヘミアン」や「ロマ」とも呼ばれています。ジプシーやボヘミアンと聞いて、思い浮かべるのはタロットカードを展開する姿ですね。

ジプシー達はかつてヒンズー・カードという、絵柄が書かれたカードを使って占いをすることが得意でした。諸説あるようですので断言はできませんが、ヒンズー・カードは後にタロットやトランプに姿が変わり、またトランプはルノルマンカードにも姿を変えていきます。特にルノルマンカードは、その的中率の高さでヨーロッパでとても人気があったようです。

ルノルマンカードにもトランプのモチーフが書かれていることは有名です。またこのトランプのモチーフは4つの階級を示しており、インドのカースト制度から来ているという説、またヨーロッパの階級制度を表すという説もあるようです。

♥聖杯(ハート)・・・僧侶(バラモン)
 愛情や感情を司る。心臓の象徴でもある。

♦貨幣(ダイヤ)・・・商人(ヴァイシャ)
 財産や硬貨などの物質的なことを司る。貨幣の象徴と言われている。

♠剣(スペード)・・・貴族(クシャトリヤ)
 災いや悪を司ると言われている。貴族階級や軍隊の象徴でもある。

♣棍棒(クラブ)・・・農民(シュードラ)
 努力や人間関係、平和を司る。こん棒がシンボルと言われている。
 (葉っぱのクローバーではないようです)

トランプはゲームや手品という印象があるかもしれませんが、トランプでも占いは出来ます。特に相手の気持ちを占ったり、運勢を占うことが人気です。

そしてウラナでも、タロットカードをはじめオラクルカードやエンジェルカードなどのリーディングが人気です☆

いつの時代でも、どの国であっても、恋人の気持ちや物事の行方を憂い、魔女や占い師に予言をお願いするという風潮は根強くあるようですね!

月がきれいな秋の夜長に、カード占いで夜更かしも楽しいですよね♪神秘的なカード達に願いを託してみませんか?