おすすめ鑑定師

2019年ウラナ開運特集:Ange先生

鑑定師 メッセージ
みなさまこんにちは、Angeです。
いつもたくさんのお悩みをお預けいただきましてありがとうございます。
2019年も多くの方とのご縁を賜れますよう、より一層精進していきたいと思っています。
さて、みなさま、この年末年始はいかがお過ごしでしょうか。
ご家族と旅行にいかれたり、恋人とのんびり過ごされたり、お仕事で忙しかったり、様々かと思いますが、みなさま一様に2019年がより良い一年であること、2018年より幸せであることを願っているのではないでしょうか。
今回はそんなみなさまのために、2019年の開運をテーマにお話をしていきたと思います。

まず、2018年を振り返ってみたいと思います。
2018年は創造と破壊、その両方の側面をもった一年であり、来年2019年以降の新時代の創造に向けて、古いものや、不要なものは破壊される、そのような意味ある破壊が相次いで起こった年でもあります。
更にこの夏は天体の逆行も相次ぎ世の中的にも不安定な部分も多く、災害にみまわれたり、何かと不安な思いをされた方も多かったと思います。
ですが、その破壊は全て2019年につながるできごと。
2019年は創造の年になりますので、2018年に壊れたものを新たに再構築していく、クリエイティブで明るい一年になります。
2018年に辛い思いをした人、それでもめげずに頑張ってきたひと、そういった人達の努力が報われる、努力が実を結ぶ時を迎えます。
そんな2019年が有意義なものになるよう、思いを馳せている方も多いのではないでしょうか。
新しい年を迎えるにあたり、叶えたいこと、願い事、たくさんありますよね。
そんな願い事が叶うよう、2019年の開運、願いを叶えるための願い方についてお話を進めていきましょう。

皆様、お月様に願いを叶える力があることはご存知でしょうか?
特に新月には願いを叶えるパワーが宿っており、老若男女問わず古来より多くの人が新月に祈りを捧げてきました。
月は約1ヶ月のサイクルで満ち欠けを繰り返しているので、新月・満月はおおよそ毎月1回のペースで訪れます。
毎月1回は願いを叶えるのに最適な時、チャンスが巡ってくるのです。
もちろん2019年の1月も新月満月はやってきますが、今年の新月満月は、日食、月食と重なります。
そう、2019年は新年早々日食と月食が起こるのです。



1月6日の山羊座の新月で部分日食、1月21日のしし座満月で月食を迎えます。

日食、月食はパワーがあり、通常の新月、満月で得られる月のパワーの何倍ものパワーを持っています。
さらに、新年早々起こる山羊座の日食は2016年3月9日以来ですから3年ぶりの日食となり、年分のパワーを宿った日食ということになります。

いつも以上にお月様のパワーが強くなっている時ですから、この月のパワーを借りて今年一年の開運を願うにはもってこい、最適のタイミングです。

今回は2019年の開運ということで、新月の力にフォーカスしてお話を進めていきたと思います。

先にもお伝えした通り、月はおよそ一ヶ月のサイクルで満ち欠けを繰り返しています。
上弦の月・下弦の月・新月・満月・上弦の月や下弦の月はみなさんも聞き覚えがあると思います。
それぞれに意味がありますが、この中でも新月というのは、満月の満ちる時に向かってパワーを備えて行く時、願い事を叶えるのに最高の時とされています。
新月の時は植物の成長が早くなったり、生物に様々な影響を与えることが報告されています。
新月は私たち生きるものに大きな恵をもたらしてくれるのです。
だからこそ、古来より人は月に願いを、祈りを捧げてきたのでしょう。

大体月に1度、月は新月を迎えますが、毎月、毎月異なるテーマを宿しています。
その時、月が位置する星座によって、その月の持つパワーは異なってくるんです。
12星座は各星座で様々な意味やパワーをもち、私たち人間に力を与えてくれます。
新月の位置する星座が表す事象で最大の効果を発揮してくれると言われていますので、新月がどの星座で起こっているかは、とても重要なことでもあります。
今回新年初めての新月は、1月6日、山羊座で起こります。
山羊座の持つ粘り強さ、忍耐、努力、信念と現実的な姿勢、こういった面での願い事に大きな力を発揮します。



さらに、今回の新月は日食と重なっており、いつも通常の何倍ものパワーを宿しています。

新月を迎えた後、8時間以内に願いを捧げるのが良しとされていますが、日食や月食というのはさらに大きなパワーをもたらすといわれていますので、今回はこの日食のタイミングで月に祈りを捧げてみましょう。

2019年山羊座新月でおこる日食の時間を明記しましたので、お月様に願い事をお考えの方は、ご自身の地域でおこる時間を参考に、月に向かって祈りを捧げてみてください。

山羊座新月
・2019年1月6日10時29分

日食時間
各地域によって開始時間、終了時間は異なります。各地域の詳細は下記です
・札幌:開始8:47最大10:13終了11:47
・仙台:開始8:45最大10:10終了11:43
・東京:開始8:44最大10:06終了11:36
・金沢:開始8:41最大10:00終了11:29
・大阪:開始8:41最大09:57終了11:23
・広島:開始8:39最大09:51終了11:13
・福岡:開始8:29最大09:47終了11:05
・那覇:開始8:50最大09:39終了10:33

その日の天気によっても見える見えないはありますが、日食のパワーが最大になる頃、新月の方向に向かって祈りを捧げてみると月のパワーを得ることができます。
その際、心の中で唱えるでも、紙に書いておくでもどちらでもかまいません。
紙に書く場合は、その紙はなるべく部屋の中の高い位置におき、願いが叶ったらお礼を述べて、満月で破棄するようにしましょう。

山羊座は、責任や秩序を表す現実的な星座です。
粘り強さや力強さを表しますが、ただパワフルなだけではなく、地に足をつけた堅実性を表す誠実な星座です。
2017年の12月20日から、2020年3月21日まで試練の星土星が山羊座に滞在していますから、ここ数年はひたすら下積みのような、努力しても努力してもなかなか結果が出ない、そんな状況にみまわれた方も少なくなかったでしょう。
2020年に土星が山羊座を後にしますから、2019年はここ数年頑張ってきたこと、粘り強く続けてきたことのラストスパートとなる一年を迎えます。
その一年の始まり、2019年の1月6日にここ数年人々にテーマを与え続けてきた山羊座で新月、かつ日食を迎えます。

地道に頑張ってきたこと、積み重ねてきた努力の結果を、来年以降に出していく、力を出し切ることができれば、この一年はとても有意義になり、かつ2020年以降の成功につながっていくはずです。
2020年の成功に向けて、今年のラストスパートを走り抜けるよう、新月の力を借りてみてください。
しし座満月での月食は日本では観測することはできませんが、1月6日の山羊座の日食は、日本全国どこでも観測することができます。
時間は、日曜午前中、観測しやすい時間帯ですので、是非空を見上げてみてください。
ここ数年頑張ってきたことがある人は、さらなる努力を続けられるよう、そうでない人、これから何か始めたい、そういう人も、粘り強く続けていくこと、根気強さ、継続の力をさずけられるよう、新月に祈りを捧げてみてください。

この時に願うべきことは下記のようなことになります。

山羊座新月に祈ること
・ダイエット
・貯蓄
・勉強
・仕事の成果
・深い人間関係の構築

山羊座は現実的で粘り強い星座です。
短期的なお願いごとよりも、継続した努力を必要とした願いごとに向いています。
いつもダイエットで挫折していた人も、山羊座のパワーを借りることで、継続する力を得ることができます。
宝くじに当たりたい!とか、株で当てたい!とか、短期的な収入を得ることよりも、お金を貯める、コツコツとした努力を積み重ねる、というところに力を発揮しますから、お金貯めるぞ!という人は、新月のお月様にお願いしてみてください。
受験生の皆さんは、本当の意味でのラストスパートですね。
今まで積み重ねてきたことの努力の成果を発揮できるよう、そして更なる努力ができるよう、月にお願いしてみてください。
仕事の成果も望みやすい星座です、自身の努力の結果を最大限発揮できるよう、山羊座新月のパワーを借りましょう。
山羊座は広く浅く、というよりも深く長く、という星座です。
今までさっぱりとした人間関係を構築してきた方、誰かと深い関係を望む人は、ぜひ山羊座の力を借りて人間関係を飛躍させていってくださいね。
山羊座は現実的で堅実な星座でもあります。
今お付き合いしている彼との結婚、現実的な結果を求めてみるのも良いかもしれません。
曖昧な関係に終止符を打つなら、今ですよ。
山羊座新月のパワーは、部分日食の力も相まって、とても強い効果を発揮します。
3年ぶりの日食ですから、ここ3年間で一番のパワーです。
月のパワーを信じて、祈りを捧げてみましょう。

さらに、1月21日にはしし座で満月を迎えます。
時が満ちた満月は、感謝と解放の時。
今自分がここにあるということにまず感謝し、こだわりやマイナス面を解放してあげてください。
1月6日に新月にお祈りをしたこと、お月様が見守ってくださっていることを感謝し、願いを叶えるために足かせになっていることからの解放を思い描いてみてください。
そうすることで、山羊座新月の祈りが何倍にもなって返ってきます。

そしてもう一つ。



2019年1月6日の新月は、一粒万倍日という吉日でもあります。
大安や天赦日と同じように、縁起の良い日として広く知られている日ですね。

一粒の籾(もみ)が万倍にも実る稲穂になるという意味で、蒔いた種が万倍になって返ってくる、といわれる日です。
そのため、仕事始めや開業、投資など、何かを始めること、お金に関する出来事に吉とされる日です。天赦日や母倉日と並んで、結婚などにも良いと言われている、いわゆる開運日です。

新月と一粒万倍日が重なることも珍しいですが、さらに今年は日食も重なっていますから、とても貴重で意味のある1日となると思います。
新月や一粒万倍日だけでも幸運日ですが、今回はその2つに加えて日食まで加わった力強い幸日です。
そんな日が新年早々訪れる、それだけでも幸せな一年になるような気がしませんか?

そんな一年に巡り会えたことにまず感謝して、2019年が豊かであるよう、実りあるものであるよう、万倍にもなって願いが返ってくるよう、お月様に祈りを捧げてみましょう。
祈ったら感謝する、自分が生かされていることへの感謝を忘れずに日々を丁寧に過ごせたならば、星々や大地は万倍にもなって大きな愛をあなたにもたらしてくださるはずですから。

思い描いてきた理想や目標をどれだけ現実のものにしていけるか、現実と真摯に向き合おうとするその姿勢が今年一年、来年の結果につながってきます。
皆様の努力が報われますこと、願いがお月様に届きますよう、見守らせていただきますね。

2019年がみなさまにとって幸運な一年でありますように。

Ange