会員登録
おすすめ鑑定師

姫皇子(ヒミコ)先生プロフィール

本日の鑑定スケジュール

9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
0
1
2
3
4
09月24日(木) 待機中 待機中
待機予定 予約可 予約済
240
pt/分
3000
pt/通
 - 
pt/文字
占い歴 5年以上
占術 霊感タロット タロット ルーン
得意相談 不倫 対人関係 結婚 離婚 年の差 遠距離 三角関係 家庭問題 転職 就職 仕事 子育て 金運 運勢 未来

鑑定師のつぶやき

姫皇子先生のつぶやきをもっと見る

おはようございます。 鑑定師姫皇子です。 暑いからいきなり寒いといってしまうようなお天気ですね。 今回の台風、うちの方ではメディアが注意喚起しているほどの影響はないようですが、雨風は強く、どんよりとした天気に気持ちも沈みがちです。 娘の高校は昨日のうちに自宅学習となり、実質のお休みになりました。 中学生の息子は通常日課となり、ごろごろしてる姉を羨ましそうに登校していきました。 なにも被害がなく日常が滞りなく過ごせることに感謝を感じる出来事でした。 天気は曇りでも心は晴れやかに、今日も元気にお待ちしております。 午後3時までの待機予定です。 よろしくお願いいたします。 姫皇子

姫皇子先生からのメッセージ

-誰にも言えないお悩みでも明るい道筋がきっとある-

私がタロットカードに出逢ったのは中学二年生のときでした。
友人が持ってきたカードになぜか心惹かれ占ってるところを見ているうちに

[ちょっと待って、カードは違うことを言ってる]
[もっと深いところを感じなきゃ] と
初めて見たはずのカードから伝わってくるメッセージに心地良いショックを受けその日のうちに自分のためのカードを手にしたのが始まりです。

一枚一枚のカードの意味もまだよくわからないうちから、手に伝わる感覚や直接脳に語りかけてくるカードとの会話 に夢中になっていました。

それから今まで、ずっとタロットカードの言葉を伝えてきました。
カードには良いことも悪いこともまずはそのままあらわれてきます。ですが、それだけではありません。

良いことに潜む落とし穴や注意喚起、悪いことに起きうる危険回避など同時に重要なアドバイスも示してくれます。
私の役割はそのカードの示す事柄を正しく読み解き、ご相談者様の悩みや迷いに希望を見いだせるようにお伝えすることだと思っています。

つらい気持ちを楽にしたい!
不安を少しでも取り除きたい!
幸せな今を長続きさせたいなど、ご相談者様のお悩みに寄り添いながら、幸せに近づける案内人になりたいと思います。

電話占いウラナからのメッセージ

-誰にも言えないお悩みでも明るい道筋がきっとある-

世間では許さない恋。
誰にも相談出来ない恋のお悩みを多く結んできた姫皇子先生。
誰にも言えない恋だからとあきらめていませんか?
そんな時は姫皇子先生にご相談してみてはいかがでしょう。

大切なお悩みだからこそ想いが繋がって欲しい,お相手の気持ち、今後の二人をしっかりと見て頂きましょう。現状が変わらない時は具体的なアドバイスを聞いてみてください。
少しの変化で明るい道筋となる事も多いのだそうです。
どんな恋も幸せが必ずあると先生は思っております。
明日からのあなたを輝かせましょう。
是非ご相談ください。

姫皇子先生の最新情報

2020年8月 お盆コラム


お盆の由来と幸せを呼ぶおまじない

皆さまこんにちは
鑑定師姫皇子です。
今年は梅雨らしい雨の多いお天気となりました。
災害に見舞われてしまった地域の方には心からお見舞い申し上げます。

太陽が顔を出すとジリジリと焼けつくような暑さを感じる夏がすぐそこまで来ています。
今回はお盆の由来と、夏の暑さに負けず、元気に、そして幸せになれるおまじないを紹介させていただきます。
最後までおつき合いいただけたら嬉しいです。

お盆は一般的にご先祖さまを供養する日とされています。
諸説あるようですが、その中でも少し面白いなと思うお話をさせてください。
仏陀の弟子のなかに目連という人がいました。
厳しい修行の末、神通力を身につけ、亡くなった母親の今を知りたくて神通力を使ったところ、母親は餓鬼道に落ちてしまっていました。
食べ物はそばに近づくと青い炎となって消えてしまい、常に飢えと乾きに苦しんでいます。
目連は仏陀にどうしたら助かるかと助言を求めに行きました。
仏陀は8月の15日に尊い人たちの集まりがあるからその人たちにできる限りのおもてなしをするように助言されました。
目連は言われた通りに心からのおもてなしをしたところ、餓鬼道から母親が天上に迎え入れられ、それを見た目連が嬉しさのあまり踊った(盆踊り)というお話です。

何がいいたいのかというと、仏陀は母親に供養するようにではなく、他人に施すよう言われたということです。
つまり元々は自分の先祖ではなく、他者におもてなしをすることで先祖が救われるということだったのです。
今の時代、先祖を大切にする、お盆の時期にご先祖さまをお迎えをして、もてなしてお見送りするということが定着していますが、他人にも思いやりを持つことが大切だということを説かれているようです。
自分のためだけに、良い行いをするのではなく、他者に対してもなにかを分け与えるということが大事なのですね。


では他者にもおもてなしをすることのできる、自分も他の人も幸せになれるおまじないを紹介します。
そもそもおまじないとはなんでしょう。
漢字で書くと「まじない」は「呪い」となります。
大抵の人は「のろい」と読んでしまうと思いますが、のろいだけではなく、まじないと読むということも覚えておいてください。
のろいとまじないを区別するために、まじないはひらがなで表記されることが一般的です。
その違いはなにかというと、ズバリ対象の目的の違いです。
対象者の幸せを願うものがおまじないで、不幸を呼ぼうとするものが呪いです。
ただ、幸せを願うものでもおまじないのやり方によっては呪いといわれるものに近いやり方もあり、その世界の人たちの中でもはっきりと区別がついているわけではありません。
なので一般的には目的の違いでおまじないと呪いの区別をつけるようにしているようです。

おまじない(呪い)とは、神秘的な力を借りて災いを引き起こしたり、取り除いたりすることです。
人の願いの力だけでは足りない部分を神様から力をお借りして望みを叶える、というものです。
その神様からの力を借りるために、媒体として呪具を使うのです。
その呪具は、糸だったり石だったり薬草だったりと、目的によって違います。
毎日行うことで気持ちを蓄積し、願いを叶えるための力をためるものもあれば、その日すぐに効果の出るものもあります。
今回は幸せを願うおまじないを、簡単に出来る方法で紹介します。
毎日行っても良いですし、気持ちが落ち込んでいるときだけでも良い方法です。
夏に限らず一年中いつでもやっていただけます。
気軽に試してみてください。

私は気持ちの切り替えをするときに香りの力をお借りしています。
うつうつとした気分を切り替えるときや、ツラいときに前向きになるように、興奮したときに落ち着くためにも利用しています。
医学的にこういうときにはこれがいいといわれているものはありますが、私はあまりこだわりません。
好きな香りを好きなときに楽しむのがいちばんだからです。
一日の始まりに好きな香りをかぐことで、香りと心とオーラを結びつけ、幸せを引き寄せてくれます。
ものは試し、まずはやってみましょう。



まず、好きな香りを準備します。
朝起きたら立ち上がってその香りをかぎます。
10秒から30秒くらいで香りを充分に堪能したら、両腕を肩の高さに左右に開きます。
軽く上を向き両腕と首からおへそのラインで十字を意識してください。
首や腕を下ろしながら息を吐き、吐ききったらまた上を見ながら腕をあげてゆっくり息を吸います。
3回ほど繰り返したあと両腕を下げ、前を向き、目をつぶってゆっくりと呼吸をしながら、目の前の空間に大きく「幸」と書きましょう。
気持ちが落ち着いて目を開けたくなったらおしまいです。
ゆっくり目をあけて、いつも通りの生活をスタートしてください。

朝、起きて一番にするのが効果的なので、簡単に香りを用意できる方法を選んでください。
お香を炊いたりアロマオイルを使っても構いませんが、朝の少しボーッとした頭で火を使ったりするのが心配な方は置き型やスプレー式のお部屋の芳香剤でも十分です。
普段からお部屋に置いている方は香りを感じられるくらい近くによせてください。スプレーを併用すると違う香りも楽しめます。
ただし、ちゃんと好きな香りにしてくださいね。
嫌な臭いはいつまでも鼻に残りますから、好きな香りでなくてはなりません。
目の前に書く字はその日の気持ちにあわせて変えてもいいですよ。
元気が必要なら「元気」「力」など。
私はイライラしてるなと思うと「優」を書いたりします。
書き順、誤字、気にしません。
想いが伝わることが大切です。


家のなかでふんわりと好きな香りをかぐと、本人が気づかなくても気持ちが上がります。
いい香りに包まれると、どんなにツラい悩みがあっても心が落ち着きを取り戻します。
そしておまじないのおかげで、その力が一日中持続します。
毎日笑顔で過ごせて幸せを引き寄せてくれるなんてとても素敵だと思いませんか?
あなたの笑顔が周りを引き込み、周囲の人たちも幸せな気分になります。
そんなおまじないなら喜んで続けていけると思います。
ぜひチャレンジしてみてくださいね。

あ、ひとつだけ注意点を。
お部屋の芳香剤でも効果には問題ありませんが、鼻を近づけて思いっきり吸い込んだりしませんように。
強烈な匂いはかえって気持ちを盛り下げます。
あくまでも香りを楽しむことが目的です。
自分のちょうど良い加減で試してくださいね。

最後に、おまじないはおまじないです。
やらなきゃいけないということではありませんし、やったからといってその願いが必ず叶うものでもありません。
でもおまじないをすることで、少しでも気持ちに力を持たせることができます。おまじないを信じられる心の余裕を大切にする事が、願いを叶えられる力に繋がります。

皆さまの素敵な毎日に少しでもお役に立てますように…



最後までお読みいただきましてありがとうございましたm(_ _)m
心から感謝申し上げます。

鑑定師 姫皇子

お客さまからの声(口コミ)

  • 2020/09/18 (金)

    満足度: 5点

    スピリチュアル度: 5点

    癒され度: 5点

    先程は鑑定して頂きありがとうございました!先生はプラスマイナスどちらの面もハッキリと仰ってくださるので有り難いです!
    初っ端から不穏な空気が流れてるのがバレてしまってて笑っちゃいました(笑)
    今回も滅茶苦茶なつっぱね方されましたがまた戻ってくるのですね、10日から2週間長くて3週間の間に
    安心したような、試すような行動に腹立たしいような・・・あの自己中な性格はなかなか治らないんですね、
    向き合いたいですがその後の行動を想像しただけでもう疲れが・・・(笑)
    決めました、私も黙秘権を使います。
    新たに始めたい事もありますし、それらを彼に伏せて謎の女になってやろうと思います!目には目を歯には歯をで行きます!
    彼で無くても幸せになれる未来がいくらでも用意されてると言っていただけたのでもう少し気楽に行けるよう肩の力を抜くところから始めてみます!
    ありがとうございます先生!(^v^)
  • 2020/09/18 (金)

    満足度: 5点

    スピリチュアル度: 5点

    癒され度: 5点

    先生、この度は、ありがとうございました。先生にみて頂けて良かったです。すごく納得です。
    この人と付き合って行くなかで、これからどうして行くか、よく考えてみたいと思います。
    すごく参考になりました。
    ありがとうございました。

    口コミをみる

姫皇子先生の鑑定スケジュール

9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
0
1
2
3
4
9月24日(木) 待機中 待機中
9月25日(金)
9月26日(土)
9月27日(日)
9月28日(月)
9月29日(火)
9月30日(水)
10月1日(木)
10月2日(金)
10月3日(土)
待機予定 予約可 予約済

姫皇子先生の活動実績

2020年4月 20%キャンペーン




日々の鑑定で思うことは、鑑定師は幸せでいないといけないということです。
お客さまのご相談を受ける鑑定師が、自分の悩みでがんじがらめでは視えるものも視えず、カードから伝わるメッセージも正しく読み取れません。
出来るだけ自分の感情を無にし、気持ちには余裕をもってお客さまのご相談を受けられるように努力しております。

とはいえ、常に悩みもなく幸せでいられるわけではありません。それでもいつも今が一番と思えるように後悔のない日々を送るように心がけています。

占い師であると同時に皆様と同じ世界に生きている者でもあります。
カードの世界と現実の狭間を繋ぐものとして皆さまのお役に立てるよう、精進してまいります。

2019年4月 令和元年の運気と運勢コラム特集

新元号に変わることで起こる変化
〜運勢・運命・そして変わらないもの〜

5月1日にいよいよ新元号となり、新しい時代が幕を明けることとなりました。
平成から令和へ…
元号が変わることで起こる変化を占い師の視点から少しお話をさせてください。

元号が変わることで一番の変化は、運勢がリセットされることです。
下降気味の運勢がほぼ0の状態に、上昇中の運勢が勢いを増したり衰えたりします。
これは年や月が変わることでも大なり小なり起きていることですが、元号が変わることでも起きることは間違いないでしょう。
年や月が変わることでリセットをされるということはあまり知られておらず、その変化を感じる方も少ないのではないでしょうか。
でも、今月は嫌なことが多かった、来月は良いことが多いといいなと思われたり、今年の厄を落として新年を迎えたいと思うことは、新たな年月を迎えることで切り替えを図る無意識の行動なのだと思います。
つまり意識はしていなくとも、人には無意識に感じられるものがあるのでしょう。

では上昇中の運勢が衰えないように、下降気味の運勢が上昇に転じるようにするには何が必要か、ということを考えたいと思います。
難しそうなことをいっていますが、実は単純に意識をするだけでいいのです。
嫌なことがあったあと、気持ちを切り替えられずに引きずってしまうことはよくあることです。
でも、月が変わることで自然と気持ちが切り替わることがあります。
それは下降してマイナスの状況にあった運勢が、0に近く回復することで前向きな考えができる状態になるからです。
逆に良い状態にあった運勢が急に勢いを失うことがあります。
それは上手くいっているという流れに乗っているだけで、先のことを考えず楽をしてしまっていると、リセットされたときに上昇気流から外れてしまうためです。
年終わり、月終わりは特に意識をして今の状況はどうなのか、維持すべきか、それとも前向きになるべきかを見極めて、リセットされるときを過ごすことが大切です。

ただ、もちろん運勢には波があります。
良いときと悪いときが交互に訪れます。
どんなに努力をしても悪いときから抜け出せないときもあるでしょう。
逆になにもしなくても良い運勢に恵まれるときもあります。
だからこそ、その状態をより良い状況にするために意識が必要なのです。

意識とは結局気持ちの問題です。
悪いことが続き、なかなか立ち直れないときには静かに月末を待ちましょう。
好きな音楽をかけてリラックスをして、自分へのご褒美をあげてください。
そして前向きな気持ちをもって年初めや月初めを迎えることで、リセットされた運勢を勢いつけて上昇に転じましょう。
逆に良いことがあったときには感謝の気持ちをもって、自分をほめてあげてください。
良い運勢を保つには力が要ります。
周りに対する思いやりや優しさが、その運勢を保つ秘訣です。
優しさを押しつけるのではなく、さりげない心配りとその自己満足が鍵となります。

少し話がそれてしまいましたが、新たな元号になるのはひとつの時代の大きな変化です。
運勢のリセットがかかる大きなチャンスでもあります。
今の状況にあわせて、この先の自分の運勢の流れが良くなるか悪くなるかは皆さま次第です。
もちろん悪くなることを願われる方はいらっしゃらないでしょう。
幸せや素敵な人生を得るために、平成の最後をリラックスしながらゆったりと過ごし、新たな令和の幕開けを楽しまれることを心から願っております。

最後に、人の運勢は変わりやすいものです。こればかりは時代が変わっても元号が変わっても変わりません。
今が一番良いと思っていた次の瞬間には目の前が真っ暗になることが起こるかもしれません。
ある程度定められた運命とは違い、自分の気持ちひとつで状況を良くも悪くもできるのが運勢です。
常に良い運勢にはならなくても悪いときこそ前向きになって、運勢に振り回されるのではなく、運勢をコントロールしていくことができるよう、アドバイスさせていただければと思い、筆をとりました。

最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。

令和の時代が皆さまにとって幸多きものとなりますように…

姫皇子