会員登録
おすすめ鑑定師

KEI(ケイ)先生プロフィール

本日の鑑定スケジュール

9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
0
1
2
3
4
11月15日(金)
待機予定 予約可 予約済
220
pt/分
3000
pt/通
 - 
pt/文字
時間外
満杯
占い歴 20年以上
占術 霊感霊視 霊感タロット チャネリング 水晶 タロット 心理カウンセリング 霊感
得意相談 不倫 縁結び 同性愛 対人関係 結婚 離婚 略奪愛 遠距離 三角関係 家庭問題 子育て 開運方法 未来 パワーストーン

鑑定師のつぶやき

KEI先生のつぶやきをもっと見る

こんばんは 昨日は電話トラブルでご迷惑をおかけして 申し訳ありませんでした。 現在は復旧して 通常鑑定が可能です。 また皆様とご縁が繋がれることを 楽しみにしております。 KEI

KEI先生からのメッセージ

こんにちは
私KEIと申します。

日本古来の「鬼道」の家系で
「口寄せ」であった曾祖母の能力を伝承して生を受け
目に視えない真実の伝導を目指し
対面鑑定を三十数年に渡り行って参りました。
モデル業や中学校教師など様々な職で経験を積み重ね
社会的経験値も豊富であります。

この度より多くの方のお悩みの解決をお手伝いしたく
電話鑑定をさせて頂くこととなりました。

目に視えていない真実とは
決して良いことばかりではありませんが
真実という現実を受け入れることで
望む幸福へと近づきます。

たとえ悪い結果が出た場合でも光はあります。
可能性は無限であるように
多方面からのリーディングを元に
光に繋がるアプローチ方法や
対応策のアドバイスを致します。

どんなご相談でも否定は致しませんのでご安心下さい。

私はいつでも味方であると思って頂けると幸いです。
すべてを委ねて下さることをお待ちしております。

電話占いウラナからのメッセージ

KEI先生は先祖代々「鬼道」を継承し
チャネリング・霊感を使い
多くの人達を救ってこられた家系です。

対面鑑定を長年されておられましたが
この度より多くの方達への救済を目的に
電話鑑定をして下さることになりました。

タロットカードを中心にした霊感で
潜在意識などの鑑定で
目に視えない世界を教えて下さり
可能性を追求し幸福への道標を示して下さいます。

穏やかなボイスヒーリングもお持ちのKEI先生は
ご依頼者様を安心感で包み込む愛あふれる先生です。

時には友人のように…
  時には姉妹のように…
時には母のように…
寂しくなったり
不安になったり
元気がほしいと思った時は
KEI先生!と思い出す先生になりますよ。

鑑定スタイル

まず、ご依頼者様のお名前と生年月日を頂戴致します。
次に鑑定対象の方のお名前と生年月日をお願い致します。
生年月日が不明の場合は年齢でも可能です。

ご相談内容をお聞きした上で
タロットカードをキーワードに
ご依頼者様とご依頼者様の周囲の方々の
潜在意識に語りかけさせて頂きます。

霊感によるリーディングには
多少時間がかかる場合がございますので
ご了承下さい。

メール鑑定の方は
お名前と生年月日とご相談内容を出来るだけ詳しくお知らせ下さい。

未来に繋がる道を必ずお届け致します。

KEI先生の最新情報

2019年4月 令和元年の運気と運勢コラム特集

◎改元で世の中に起こること

 新元号は万葉集から引用された「令和」と発表されましたね。元号の起源が中国だったために過去の出典が確認出来る日本の元号は全て中国の古典から引用されています。
今回の「令和」は万葉集の春の日の花の美しさを表現した歌三十二首の序文から引用されました。意味は「人々が清らかで美しく心を寄せ合うなかで、文化が生まれて育つ喜ばしい国に、花のように明日への希望を咲かせることを祈る」ということです。

《改元と占いの関係》

 では、この改元がどのようなものかをご説明しましょう。改元とは古代中国の皇帝が時をも支配するといった意味で始めた、元号を改めるということです。
改元の理由としては代始改元・祥瑞改元・災異改元・革命改元の四つとされていました。しかし明治元年に定められたのが現在の「一世一元の制」です。これは天皇一代の元号を一つだけにするというものです。

 この元号とは中国を中心とする東洋の漢字文化圏に広く定められた紀年法です。日本では645年に孝徳天皇が即位した年を大化元年と定めたのが最初です。
聖徳太子は国史編纂での国家の起源に「陰陽道」を取り入れました。大化から始まる元号制度においても「吉兆とされる現象をもって新しい年号をたてる陰陽道思想」から成る「祥瑞改元」を行い、これは奈良朝を通して踏襲されました。しかし平安朝に入る頃に「天災地変など凶兆とみられる現象をもって新しい年号をたてる陰陽道思想」から成る「災異改元」に転じられ、明治維新の頃まで続きました。このように陰陽道と改元には深い繋がりがあります。陰陽道は仏教伝来と前後して輸入されたものであり、聖徳太子が冠位十二階や十七条憲法制定に陰陽道を取り入れていたように政治や生活にも深く関わっていました。天武天皇は陰陽寮を置き陰陽道と政治の関わりを深くしました。

 日本の陰陽道は中国の陰陽家の思想が仏教や儒教と共に日本に伝わり独自の体系に発達したものです。
それは、自然界は陰と陽の二気から生ずる陰陽思想と木・火・土・金・水の五行から成るとされる五行思想を組み合わせて、その変化を観察して祥瑞・災厄を判断して吉凶を占う実用的技術として中国の占術・天文学を取り入れたものが陰陽五行説となったのです。このように改元と陰陽道、つまり占いの世界は大きく関わっているのです。

《改元後の世の中》

 では改元後に世の中がどうなるのかをお話しましょう。「令和」の「令」には清らかで美しい、喜ばしい、立派である、おめでたいといった意味があります。また、少し違う見方に「神のお告げ」という意味があるのです。それは、頭上の冠の象徴に人がひざまずくという文字の形から捉えた見方です。冠は権力を意味するという考え方もありますが、民がそれぞれに持つ志や思い、心のあり方とすることも出来るのです。「和」には穏やか、争いがない、やわらぐといった意味があります。これを合わせると「人々が志を持って穏やかで争いのない、美しく喜ばしい国造りをしていく」ということになります。

 陰陽道の占いの基本は「自然の摂理に逆らわずして進むことこそが、必ずや健全な人生を送り運命を切り開くであろう」とされています。この中で現実の流れを広い視点で視るといくつかの疑問も出てきます。世の中に不穏な空気は絶えず、穏やかな生活がこの先約束されているとはなかなか信じがたいように思えてしまいます。であればこそ改元が必要であったと考えられるのです。今回の改元をある種の「災異改元」と受け止めるのも良いかと思います。年号が変わったと共に災厄も去ったと考えれば、素直に「令和」の世界を受け入れられるのではないでしょうか。それこそが陰陽道の考え方に繋がるものです。

 今回は硬いお話になりましたが、占いの世界は歴史の世界です。長い年月をかけて先人達の積み上げたものの上に今の占いの形があり、それはあらゆるものに繋がっているのです。

KEI

お客さまからの声(口コミ)

  • 2019/05/31 (金)

    満足度: 1点

    スピリチュアル度: 1点

    癒され度: 1点

    僕をサポートしてくれている見えない人達は時には直感のようなテレポートでダイレクトに言葉をくれたり、前世療法の画像からメッセージを送ってくれたりと、様々な形で、サインを送って来てくれていると思います。今回僕が待乳山聖天さまに願いを込めて念じ、そして感じた「彼女の全部を受け止める気持ち」は自分自身の彼女に届けたい優しさであり、想いですので、話す事がままならない今の状況にあっては有効な波動の送り方だと考えたのです。それでお話ししたようなストーリーを思うことにしたのです。それは彼女がどうではなく、自分自身の覚悟のようなもので、荒々しい念ではなく、我欲を捨てて、穏やかになる為のものでしたが、全くご理解して頂くことか出来ず残念でした。先生を責めているのではありません。ただ、ただ、笑って生きる、時期を笑って待つ為のものでした。
    先生からのフォローメッセージはは不用です。
  • 2019/05/27 (月)

    満足度: 5点

    スピリチュアル度: 5点

    癒され度: 5点

    久しぶりの鑑定ありがとうございました。ズバリ先生の言ってくださってる通りでした。束縛しないように注意しますね。彼も他の人に目が行かず私を見てくれているようで安心しました。また、お電話しますのでよろしくお願いします。

    口コミをみる

KEI先生の鑑定スケジュール

9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
0
1
2
3
4
11月15日(金)
11月16日(土)
11月17日(日)
11月18日(月)
11月19日(火)
11月20日(水)
11月21日(木)
11月22日(金)
11月23日(土)
11月24日(日)
待機予定 予約可 予約済

KEI先生の活動実績

2019年2月 ウラナ復縁・復活愛コラム特集

復縁の「アファメーション」と「パワーストーン」

《復縁》
想いが残ったまま辛い時間を過ごして、気持ちの整理も出来ずに“ため息”がBGMになってしまう…
こんな日々の繰り返しにお別れするための自分自身への宣言「アファメーション」についてお話してみましょう。

「アファメーション」とは自己啓発の一種でもありますが、神道での「祝詞(のりと)」も「アファメーション」の一つです。

「祝詞」に関しては、元来高位にあるものが下位にあるものに対して「祝福」を授けるための言葉とされ、そのお礼として下位にあるものが高位にあるものを讃え、敬意を込め従うことを誓う言葉を「寿詞(よごと)」とするという説があります。
これに従うと現在の「祝詞」は高位であられる神様に捧げる言葉であることから、本来の「寿詞」の系譜に属する祈願の言葉が「祝詞」の名を取っていると言えます。

古来の力として言葉の力は強大です。この力こそが「アファメーション」の基礎なのです。

「アファメーション」の方法
まず、希望が叶ったことをイメージして宣言します。
例えば、美しくなることを願ったとしましょう。その場合「私は美しくなれますように…」や「私は美しくなりたい」ではダメなのです。「私は美しい」ということを宣言しなくてはいけないのです。
でも実際には美しくはなっていない状態なので、潜在意識がこれを否定してしまいます。
“そんなわけない!”と潜在意識が拒否してしまうと「アファメーション」は不成立となってしまいます。重要なことは潜在意識と現状を一体にすることなのです。まずは願望を自分のものにすることなのです。
その方法として「私は美しくなりつつある」という言葉を使います。この言葉ならば進行形であり、その発展途上にある自分としては受け入れやすくなって自分のものにしやすくなります。
自己肯定は引き寄せ思考の基本でもあります。現実的に感じられる言葉をシンプルに使うことが、心の動力源に刺激を与えやすくするのです。

この「アファメーション」を使って「復縁」の気持ちを引き寄せましょう。

想いを残した方と連絡が取れなくなり、それに苦しんでおられる場合は「アファメーション」の進化という形をお勧め致します。まずは「彼と連絡を取りたい」という思いを「私は彼と連絡を取りつつある」という言葉に変えて、願望を自分のものにするのです。潜在意識と現状の一体化には少し時間がかかるかも知れませんが、焦らずしっかりと向き合って下さい。

これが完了すれば、次は「私は彼と連絡を取り合う」という「アファメーション」に繋ぎましょう。目標に対する自己肯定はとても大切な思考です。

では実際に「アファメーション」をどのような方法で行うかということをお話しましょう。
紙に宣言を書くという方法がありますが、これはその言葉を忘れないためのものといった程度の解釈でいいと思います。大事なことはどれだけ言葉の力による引き寄せ思考、潜在意識に働きかけて宣言を実現させるかということなのですから。

一日に二回、起床時と就寝前などの比較的ぼんやりとした意識の時に、鏡を前にして自分の目を見ながら唱えるのが良いでしょう。五分程度ゆっくり焦らずに現実感を高めて行うことをお勧めします。
早ければ一ヶ月程で変化が表れます。

この「アファメーション」は「復縁」に限らず多種多様な引き寄せに効果があり、応用が可能です。慣れてくれば複数の効果を期待出来ますが、初期はあまり多くは望まない方が良いでしょう。

「アファメーション」に加えて効果的な「パワーストーン」についても少しお話しましょう。

「復縁」に臨むには「復活愛」のパワーストーンをお勧めします。

石の組み合わせには相性もありますので、お勧めのものはそれ以外のものとは組み合わせないで下さい。

オブシディアン&カルセドニー&アメジストの組み合わせがお勧めです。

パワーストーンの意味
〈オブシディアン〉
 マイナスの感情やはり衝動を抑え、精神成長のサポートをしてくれます。持ち主の思いや潜在的に抱える問題を開き、鎮静化に導きます。
〈カルセドニー〉
 精神面や感情面を癒し、不安定を取り除きます。人との縁を繋ぐ力を持ち、人間関係を良好にします。
〈アメジスト〉
 精神の安定をもたらし、不安やストレスを和らげます。自己との対話や内面的調和との統合を助け、考えと行動の一致を導きます。

パワーストーンの力はご自身の力を高めてくれるアイテムとして、強い味方になってくれるものです。

幸せの扉を開けるのはあなたです…

KEI

※記事の内容については、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。