会員登録
おすすめ鑑定師

奈良橋カイネ(ナラハシカイネ)先生プロフィール

本日の鑑定スケジュール

9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
0
1
2
3
4
01月24日(金)
待機予定 予約可 予約済
220
pt/分
--
pt/通
 - 
pt/文字
占い歴 25年以上
占術 霊感霊視 霊感タロット チャネリング ダウジング レイキ オラクルカード 前世
得意相談 不倫 縁結び 対人関係 復縁 結婚 離婚 遠距離 三角関係 家庭問題 転職 就職 仕事 開運方法 吉方位 運勢

鑑定師のつぶやき

奈良橋カイネ先生のつぶやきをもっと見る

こんばんは。 システムトラブルでコール音が聞こえなくて通話障害になっております。 ご迷惑をお掛けしております。 つながりましたら宜しくお願い致します。  奈良橋カイネ

奈良橋カイネ先生からのメッセージ

“開運オタク“という言葉に似つかわしい時代を経ていますので、だいたい片っ端からいろんな事を試していきましたが、その結果、現在においては無理せずに人本来が持っている内面の豊かな個性と素晴らしさを最大限に引き出すにはどうしていったらいいか、という事に着目しながら鑑定をしています。

フラットな形で鑑定していくタイプですので、基本の常識的な部分は把握してみていきますが、リーディングの時には世間でタブーとされている偏見と呼ばれる分野は意識せずにありのまま視えた事をお伝えするようにしています。

電話占いウラナからのメッセージ

明るく朗らかにお話しをされるカイネ先生ですが、鑑定自体はその話口調とは異なり、霊感霊視にて鋭く視てくださいます。
特に「彼の気持ち」「彼との現在の関係性」「今後の未来について」等、相手のお気持ちを見ることをお得意とされ、恋愛だけではなくその他の対人関係なども紐解いてくださいます。

相手の気持ちがわからない・・・
どうしたらこの人とうまくやっていけるんだろう・・・

そんなお気持ちを抱えたご相談者様にはぴったりの先生となります。
具体的なアドバイスもいただけるので、すっきりしたお気持ちとなることでしょう。

鑑定スタイル

私の鑑定スタイルにつきましては、霊感や霊視を使い状況を把握し、気になる人間関係や特定のお相手の気持ちなどをみさせていただきます。
そして、タロットカードや易などを軸に時間の流れを読み取り未来を予測して、長年のデータからも各ご相談者様にみ合った改善策をご提案させていただきます。
決定的な大きな運気の把握には東洋・西洋占術、開運をお望みの方には方位術を指示させていただき、ご希望の方には幸運を呼ぶ御祈祷も行う事がございます。

他にも各種天使カード・オラクルカードやルーンなど、その日によって使い分けていきます。

奈良橋カイネ先生の最新情報

2020年1月 開運コラム


『2020年の開運について』
皆様、こんにちは!
奈良橋カイネです。
令和になって初めての年越しですね。
2019年は年号が変わり、年間を通して国を挙げての祝福ムードがまだまだ続きます。
そんなおめでたい時期、2020年の年回りにすると更に良い開運法について載せていきたいと思います。
2020年は、年間を通して公的行事も多くなりそうですし、気が休まる暇があまりなさそうな世相です。
強盗・詐欺なども横行しそうですので、金庫や建物のセキュリティーを万全にすべく動くと、心の御守りだけでなくてどこかから嬉しいお誘いや癒してくれる展開がありそうです。
そして、2020年は新しい飛躍よりも激動が舞い込む年回りです。引き続き天災は訪れるようですし、普段の生活では、内側と外側の安寧秩序を保ちつつ社会の模範となるべく行動していくと、世間的に良い立ち位置とささやかな幸せが得られるでしょう。
国内の規則や公の場を窮屈に感じる限界の時は、海外旅行が幸運を呼びます。
海外への旅は意識を広げてくれるだけでなく、普段の生活と切り離して自分自身と向き合う時間を取れますので、人間的な深みも増していき、個性を磨き魅力的に変化していくこでしょう。
それでは、これから万人が行える2020年の各月の開運について見ていきましょう。
《一月》
1月は、ずっとパートナーがいなくて寂しい思いをしている女性や恋愛運を上げたい女子は、いつも寝泊まりされているご自宅から見て東南の方位にお出掛けして、ゆっくり旅で連泊して帰って来て普通に過ごしているとひょんな事が恋に発展する事があるかも?
こちら側が困っている時に手助けしてくれる形での御縁なんかはつきやすいでしょう。
ラッキーカラーはマゼンタ系のピンク、赤や紫。全体的に1月は、周囲に対して気配りやおもてなしを考えて奉仕するように動くと、不運が遠ざかり、周囲の賛同を得られて思ってもみなかった幸運に恵まれる時です。
幸運を呼ぶ食べ物、こだわるといいのは、お水の種類。
ダイエットしている人はいつも飲んでいるものを硬水に変えてみるとか、不眠を解消する手助けとして・アンチエイジング効果を狙いカルシウムを多く含んでいるものを選んでみるとかすると細胞の活性化や内蔵が活発になり正常に機能している状態に戻すことが出来るだけでなく美肌にも効果的です。
是非お試し下さい。
ラッキーなグッズは、ファッション雑誌。
ラッキーな場所は、図書館。
《二月》
次に2月についてですが、不動産に関する事が浮上しやすい時ですので良くも悪くも対処を怠らずにしっかりと対応していくと、今後の展望について明るい見通しが立つこともあって良いでしょう。
ラッキーカラーはハニーブラウン、金。
2月は仕事運を上げたい男性、お嫁さんや彼女を探している男子は、ご自宅から見て血気盛んになる東側の方位を連泊して取り、運気を上げて行くと幸運に見舞われるでしょう。
この方位は仕事運を上げたい人全般に使えます。
良い策が見つかったりしますし、重要人物として注目を集めることが多いでしょう。
もう一つ、仕事などで不利な状態が続いている時などは、ご自宅から見て北西の方向へ旅行に行き、連泊して帰ってくると少数精鋭を狙えたりして、企画が通ったり有利な状況変化を起こせます。
また、私生活も満ち足りたものになり、かなり悪いものが振り落されていきます。
2月中は、季節柄とても寒いのもあり、疲れやすく体の節々に変化が起こりやすい時期です。
しっかりと睡眠を取り、出来れば無理して動くことを避けて、こまめにお休みする事を心掛けながら過ごして行かれると心身共にエネルギーチャージしていきます。
手軽に続けて行ける3分間のストレッチ・肩甲骨はがしなどは、特にお勧めです。
ラッキーな場所は、河川敷。ラッキーなグッズは、折り畳みの椅子。幸運を呼ぶ食べ物は、苺のショートケーキ。
《三月》
3月は暴風雨の象意が気になります。
避難グッズを見直し、充実させると安心です。仲間を増やし愉快に過ごせるようになる方位はご自宅から見て東南へ。
本質には、堅実な状態で周囲の信頼を得られるような作用ももたらします。
(仲間同士で謀や術策を用いて対するライバルの裏をかいて成功へ導いていくものです。)
ラッキーな場所は湖面の景勝地。映画館、コンサートホール、クラブ、ミュージックスタジオ、芸術劇場。
ラッキーカラーはオレンジ、コーラルピンク。
幸運を呼ぶ食べ物は、魚であればニジマス・鮭など。
お肉であればジンギスカン料理や馬刺し。全体的に丼一つにおさまる食べ物なんかも特に運気を上げてくれます。
ラッキーなグッズは、鈴や鐘といった綺麗な音が鳴るもの。日常生活の自然な邪気祓いになります。
3月はひな祭りがありますので、和紙で自分に見立てたお人形を作って空いているスペースに可愛く置いておくのも災難除け(特に人からの重たい念を避ける為のもの。)になります。
《四月》
4月はわりと穏やかな感じで過ごせる日が続きそうです。
貴金属や鏡を磨くと魔除け効果が期待でき、何事もスムーズにこなせるようになります。
少々ピリ辛の料理などは、特に運気を高めます。
ラッキーな場所は各国の大都市や官庁などの建物。
宮殿などもグレードアップを図りたい人には必要な場所です。
ラッキーカラーは、シルバー、金。
幸運を呼ぶ食べ物は、ビーフジャーキーなどの干し肉。
げんこつ煎餅みたいな固いものセイロンシナモンが入ったカプチーノ。
ラッキーなグッズなどは、勲章もの。
貴金属類。
(丸い形の物はグッド。)
帽子やオシャレな髪留。
4月の幸運を呼ぶ方位は子供や女子の思い通りになるものがあり、自宅から見て西です。
連泊してゆったりし、エステや整体を現地で行い、帰って来ると、ちょっとしたサプライズが待っているでしょう。
また4月は引越しや事務所移転、結婚に良い時です。
ただ、建物修繕は費用を出来るだけ抑えて行えると運気を損なわずに済みます。
《五月》
5月は渋い時で、身を隠すように行動したり、自分と向き合うのに向いている内向的な時期です。
自己啓発に触れてみたり、禅寺で座禅を組んだりして自己内省をしていくと、今後の運気が開けて行きます。
幸運を呼ぶ方位は、ご自宅から見て東と南西。
東の方位は、復活愛を望んでいる人や、以前の良い状態に戻したい恋人同士、また結婚を控えている人に得にお勧めです。
連泊してゆったり癒されて帰って来ると関係性が回復したり、嬉しい報告が入って来るでしょう。
また、南西は、お仕事であともうひと押し助けが欲しい時などに向いています。
現地で古民家などに出向いたり宿泊したりして、古き良き時代と融合させていきましょう。
帰ったら楽しい展開が待っています。
ラッキーカラーは黄。
幸運を呼ぶ食べ物は、チーズ、お漬物。ラッキーな場所として、お身内の墓参りをしに行くと運気が上がります。
ラッキーなグッズは、ゴシックなアクセサリー。
《六月》
6月は遠方の旅行に行くと気分が変わり、大幅に意識の展開があります。
幸運を呼ぶ食べ物は、精進料理、みぞれそば。
(そばだけでもOK。)
ラッキーな場所は、山岳地方での山登り。
地蔵菩薩の祀られている大きなお寺。
もう一つは病院。
健康診断をして病気の早期発見に努め、早めに憂いを取り除きましょう。
幸運を呼ぶ方位は、南東。
6月の南東は、人気運が上がり、立場が上の方から引き立てられます。
恋愛成就にも良く、良いきっかけを掴みやすいでしょう。
ラッキーなグッズは、膝掛け毛布、座り心地の良いイス。
6月は、喉を鍛えるとご自身の評価が上がったり、感性が広がります。
ハミングなどで好きな歌を口ずさんだりすることも運気改善になります。
ラッキーカラーはエメラルドグリーン。
《七月》
この月の過ごし方で、大幅に運気が変わります。
全般的にこの時期は全国各地、神社仏閣巡りがお勧めです。
各氏神様、お好きな神様仏様にご挨拶して回るのも、後半の後押しをしていただけるので、心強いと思われます。
幸運を呼ぶ食べ物は、果物や野菜です。
果物でデザートを作ったり、野菜サラダや胃に優しいスープを作ってご自身の運気を上げてみるのも良いでしょう。
ラッキーカラーは、蛍光ブルー。
爽やかな印象を与える青。
ラッキーなグッズは、音の出るもの。
楽器演奏などをすると、運気上昇につながります。
ギターやピアノ、ドラムなど、好きな楽器をお試しで演奏するのも楽しそうですね。
筆記用具の新調も意識が切り替わります。
方位はパッとした運気改善につながるものが出にくい月ですのでここでは控えさせていただきます。
《八月》
8月は、土地の売り買いについて取り沙汰されることがある時期です。
不動産をじっくり観察して価値のあるものを見定めていく事が重要です。
ラッキーな場所は、蔵を改造してつくったお店や図書館・カフェなど。落ち着いた雰囲気が、各々の癒しに繋がります。
幸運を呼ぶ食べ物は、牛肉を用いた食べ物、ヨーグルト等。
何事にも腰を据えどっしりと構える事が来そう。
幸運を呼ぶ方位は、北西です。
この時期にご自宅から見て北西方面へ連泊していくと、良い情報や連絡が入ってきたりします。
バーベキューなども運気上昇になりますし、英知を養うことにもなりお勧めです。
頭が良くなる傾向が強く、試験運も上がります。
欲しかった本が見つかったりする事もあり、学術に良い影響を与えてくれます。
お受験を抱えているお子様がいらっしゃるご家庭では家族旅行を企ててみてはいかがでしょうか。
ラッキーなグッズは、トートバッグ。
分厚い本。
ラッキーカラーは、黄土。からし色。
《九月》
9月はやはり雨が多そうですね。
当然、行った方が運気が上がりそうなラッキーな場所としてあげられるのは、水のある所です。
海、川、湿地帯など。
釣りをして海の潮風ヒーリング効果で体調を整えても良いですね。
海鮮居酒屋なども、各地の磯の恩恵を沢山受けたお魚や海産物を取り入れることが出来ます。
運気を定着させたい時や、現状維持でやって行きたい時はご自宅から見て北の方位を取ると良いでしょう。
この時期に北に連泊して、鶏料理を頂いたり、気になる神社仏閣でご祈祷して頂いたりすると、何らかの助けが入り仕事や物事がはかどり進みます。
ラッキーカラーは、白。
幸運を呼ぶ食べ物は、塩辛。
それに合うお酒。
ラッキーグッズは、ガラスのコップ。ぐい呑みセット。
《十月》
10月は知恵を使っていろいろな事を解決していく時期です。
必要な書物を購入して自らのバイブルとして魂の糧にするのも最適です。
書類上の不備を秩序を持って正していく時でもありますので、洞察力も増していくかも。
そして、猫とモフモフふれ合ったら癒しと徳をもらえます。
10月に幸運を呼ぶ方位は、ご自宅から見て南東です。
新規開拓、世の中の人達の引き立てがあり、少しずつ繁栄していき、物事の基盤が出来上がります。
孤独感を味わうかもしれませんが、多少の事は気にしなくても大丈夫です。
ラッキーカラーは、ワインレッド。
情熱を持って何事も望むと周囲にもいい印象を与えます。
ラッキーグッズは、アロマキャンドル。
傘。
ラメの入ったアイシャドウその他化粧品。
サングラス。
ラッキーな場所は、船の中。学習塾・学校。料亭、バーなど。人間の感情を扱う場所がポイントになります。
幸運を呼ぶ食べ物として、鉄板焼き、焼肉。肉類がお勧めです。
《十一月》
11月は、皆の希望が叶いやすい時。
わりとふくよかな人や今迄は暇を持て余していた人が注目を浴びやすい時。
いろんなニュースをみる癖をつけて情報収集を充実させて。
11月に幸運を呼ぶ方位は、ご自宅から見て東になります。
この方位を取ると、運気が開けてきます。
そして、自分だけではなく、周囲の人達が協力してよい知恵を出し合って盤石な地位を築いていきます。
今後の先行きについて、安定感抜群になる方位取りです。
また、ラッキーなグッズは、犬や狼にまつわる物です。
番犬の要素が強く、普段から守ってもらえそう。
それとマホガニーの家具等で高級感を出すとなお良いでしょう。
幸運を呼ぶ食べ物は、お菓子類や甘いもの等。
ラッキーな場所は、霧が出ている時やそういう所にある神秘的な建物。
ラッキーカラーは焦げ茶。
幸運を呼ぶ場所は、各地に残っているお城の跡地。
《十二月》
12月は、上役の交代や何らかの失態により、大きな移動を会社側が計画していそうな時期です。
その他、引越しや事務所移転に向いている時。
ただ、結婚は強引に推し進めるべきではない時期です。
慎重に丁重にお相手に対しての尊敬を持って接していきましょう。
12月の方位は、ご自宅から見て南に金運をパッと掴める象意が回っています。
人気運もちゃんとつきますので、是非連泊して使ってみる事をお勧め致します。
但し、取り損ねたら、それでお終いというものでもありますので、来たものをすかさずゲットしていきましょう!そして、パートナーと喧嘩が多くてイマイチ仲直りしづらい、という方や、病気がちで体力が続かないような感じの方にはご自宅から見て北西の方位に連泊して、運気アップを狙い時の神様に味方してもらいましょう。
自然にまた仲良くなったり、気がついたら病状が軽くなって居たり、いいことがかなりこまごまとあるようにしていける種類のものです。
ラッキーカラーはコーラルピンク。
ラッキーな場所は、高いビルの中にあるイベント場。
幸運を呼ぶ食べ物は、天麩羅。
ラッキーなグッズは、キャリーバッグ。
一年間の開運や幸運を呼ぶものなどについて、ざっと上げて行きましたが、ご自身の感覚で、グッズなどは時期が過ぎても使っていても大丈夫ですし、規制自体はありません。ただ、方位についてですが、各月ごとの方位があまり使えるものがない狭い範囲で記載させていただきました。本当は日にちや二時間ごとに包囲も変わっていき、細やかに着実に成就したい結果に向けて動かしていくことが可能なのですが、こちらでは、万人に受け入れられやすい月ごとの方位取りでゆっくりと現実を変化させて改善して頂きたいと思います。
以上、奇門遁甲、東洋占を使って参考に開運全般について出させて頂きました。
鑑定内でも開運を希望される方にはもっと詳細を見ながら開運法についてご提案させていただきます。
2020年も、引き続きどうぞ宜しくお願い致します。
(奈良橋カイネ)

お客さまからの声(口コミ)

  • 2020/01/22 (水)

    満足度: 4点

    スピリチュアル度: 4点

    癒され度: 4点

    深夜にありがとうございました。

    上司に注意され、彼の気持ちはだいぶ衰退してしまったと思っていました。

    残ってはいるんですね。

    私に対して悩んでくれていた、と言うだけでも嬉しい事だなと感じました。

    今度、周りの目を警戒しつつちょっとアクション起こしてみようと思います。

    彼の場合天然なので、しっかり口止めとかしなきゃいけないですけどね…。

    仕事上ではもっと彼を頼っていこうと思いました。
  • 2020/01/21 (火)

    満足度: 5点

    スピリチュアル度: 5点

    癒され度: 5点

    先生、いつもお世話になります。

    登場人物が1人増えて意外な展開になりそうですね。フワッとした気持ちで尋ねたましたがびっくりしました。

    神様が同じ星の人を用意するってどんな展開があるんでしょうね。一歩踏み出せない人とばかり出会っても私は楽しくないなぁ笑。

    でも、彼がそばにいるから遠くの彼の沈黙に耐えられるので救われています。

    つまみ食い?という言葉が聞こえた気がしますが、聞き間違いだったでしょうか?

    いつもありがとうございます!

    口コミをみる

奈良橋カイネ先生の鑑定スケジュール

9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
0
1
2
3
4
1月24日(金)
1月25日(土)
1月26日(日) 待機中 待機中 待機中
1月27日(月)
1月28日(火)
1月29日(水)
1月30日(木)
1月31日(金)
2月1日(土)
2月2日(日)
待機予定 予約可 予約済

奈良橋カイネ先生の活動実績

2019年10月 ハロウィンコラム

現代の“ハロウィン”は、一般的に魔女やお化けに変装した子供達が、住み着いている地域の家々を訪れてお菓子をもらって楽しんで過ごす風習に変わっていたり、カボチャの中身をくりぬいて目・鼻・口を作り、出来るだけ怖い顔に作って悪霊や妖気などを脅かし払うようにする「カボチャちょうちん」などを作り、秋の夜長を楽しみにパーティーをしたりしています。最近では仮装パーティーが過熱して来て争いが起きたり、白熱していて驚きもありますね。それでは、実際には“ハロウィン“の由来についてどうなのか、お話ししていきたいと思います。”ハロウィン“とは、古代ケルト人がヨーロッパ全土に散らばっていた時の土着宗教信仰で、元は「西洋のお盆。」としての役割があります。『亡くなった霊魂を弔うために供物を捧げる』これが作物の豊穣を祝う“収穫祭”などとも結びついています。陽が極まった夏が終わり、これから冬至(とうじ)と称される「インボルグ」(陰が極まった時で、お籠りなど、縮こまって冬眠してじっといる状態。)に向かう前の儀式を主に表します。春の復活祭「イースター」までに、闇の存在に個々の意識が引きずられてしまわないように、“ウィッカーマン”という人形を燃やしたりします。“ウィッカーマン”については、諸説あり、ホラー化しているので怖いお話が好きな方はご存知かと思われます。ただ、オーバーにつくった形跡が多々ありますので、本気ですべてを信じ込まないようにしましょう。四季の巡りを最大に生かすために取り入れたものですので、平和を祈る儀式でもあるわけです。今回は、その簡易的な皆様が出来る“ウィッカーマン“に関する独特のオマジナイなどもご紹介していきます。
〜魔女などのお話〜
「イースター」という聞こえから、キリスト教とも重複しているように聞こえますが、”ハロウィン”は古代ケルト人が信仰していた土着のヨーロッパの宗教の行事の一つです。魔女と称するものも薬草を抱えていた地域のお産婆さん兼、お医者さんの役割をした土着の宗教の関係者でした。それは、というのはキリスト教がヨーロッパ全土に入ってくる前は、土着の宗教の女性の土地の女神がその地域を仕切っていた為、女性がある程度の権力を地域で持ち、薬草を作って持っていましたが、キリスト教が取り仕切るようになった時代になると、男性が権力を持ち、そのようなものすべてを取り仕切るようになりました。疫病などが流行るとキリスト教徒の間でも薬草を欲しがり、地域のお産婆さんや巫女さん達を“異教徒・魔女“として悪いもの・悪い存在として仕立てあげて、お産婆さん達が持っていた薬草を取り立てて権力を我がものとしていきました。いわゆる「魔女狩り」などという歴史はこのような事が発端となってヨーロッパ全土にキリスト教徒の都合にあわせて広まっていったという事は否めない事実です。一般的な魔女のイメージは、怪しいまじないをしてブツブツ呪文を唱えながら大きな鍋をかき回して薬草などを煮詰めて劇薬をつくっているイメージが強いと思われますが、実際は民間人の体に優しいハーブなどを利用しやすいように干したり加工したり、そこに選ばれた巫女などが祈りを持って女神の力を宿し安心するようにオマジナイをしたりお守を作ったり、平和な癒し作業を地域の人達の為になる事を施していました。現代のハロウィンを土着宗教の再現として過ごしている魔術結社などでは、10月31日の夕方の日が落ちてから団員が集まり、「インボルグ」へ向ける前なので、ハチャメチャでクレージーなドンチャン騒ぎをして精神的にも発散をし、同時進行で作って煮込んでおいたトマトベースのごった煮(野菜が沢山入っているもの。)とするものを朝方に各自美味しく食べて、夜明けと共に自分達の家路へバラバラに散って帰っていく、というおおまかなスケジュールです。トマトは、収穫祭の要ですし、栄養豊富で医者いらずと言われていますので、昔から珍重されてハロウィン行事にも使われていたのですね。
〜ハロウィンの代表的なオマジナイ〜
それでは、”ハロウィン“の後でお正月にも行われる、”ウィッカーマン“のオマジナイをお教えします。”ハロウィン”は、陰の気を引きずらないように、春の復活祭に向けて過去のしがらみを断ち切っていく事が目的です。嫌な事、引きずりたくないネガティブ要素を処理していきます。まず、フランキンセンスやミルラなどの香りのお香で周辺のスペースを焚きしめて場を清めておきます。(無ければ白檀などで代用可。)そして次に、普通の白い紙(羊皮紙ならなお可)をヒトガタに切っておきます。そこに忘れたい事や断ち切りたい人達の名前や生年月日・自分の断ち切りたい事やそこから叶って欲しい願いなどを赤ペンで書いて(ドラゴンズブラッドのインクならなお可)、あらかじめ用意しておいた灰皿でヒトガタを燃やします。燃えカスは、塩を降って清めてからゴミとして処理し出します。新たな始まりに向けて、スッキリした毎日を送って行けるように、ネガティブ要素は火の要素で燃やしてしまうのが一番良い、という風習のもとに考えられた方法です。実際にこれをやってハロウィンの締めにしている所もあって、風物詩のような形で認識して頂ければ幸いです。
それでは、皆様がハロウィンを過ごしてスッキリした形で冬至やお正月をお迎えして頂けますように。

2019年7月 人気鑑定師20%ポイントバック




私自身は無宗教ですが、以前から定番でやっている事として、近隣の何軒かのお寺さんで“写経“をこまめに行っています。
なかなかその日の体調や抱えている悩みなどから上手く書けない時などがありますが、それも自己内省して受け止めて自然に捉えるようにしています。
身内の御供養と共に、自分自身と向き合う事にして願意を考えて書き入れて現実を見つめていきます。

そして、月一回の割合で実家へ帰る時に、時間がある時は少し遠回りをして、慈恩寺へ行き、三蔵法師の霊骨がおさめられている玄奘三蔵霊骨塔へ英気を養いに行きます。
東西南北をきちんと図った上で、立てられている塔ですので、運気もアップして、熱いパワーが感じられます。
写真にアップしたのは、そこに象徴としてつくられた大きな亀の像です。
他にもパワースポットは沢山行きますが、普段の定番としたら、このような所で過ごしています。